HOME > 泌尿器科 > 泌尿器科手術における血管外科

書籍詳細

泌尿器科手術の基本となる血管外科を図説で詳解,泌尿器科医必携の書

泌尿器科手術における血管外科

泌尿器科手術における血管外科
編集 田邉 一成
定価 16,200円(税込)(本体 15,000 円+税)
i_movie.jpg
B5判  264ページ  オールカラー,イラスト300点,写真200点,Web動画視聴権付き(8本/42分)
2015年3月27日刊行
ISBN978-4-7583-1263-9
内容紹介
泌尿器科手術において,血管の解剖学的知識と正しく,安全な血管の処置は不可欠である。現在泌尿器科では,開腹手術,腹腔鏡下手術,ロボット手術の3つの術式が施行されており,同じ疾患の手術であっても,それぞれで術野が異なり,また血管の操作手技も異なる。
本書では,泌尿器科領域における血管の解剖,血管を扱う器具と基本手技を3つの術式ごとに解説し,各手術を安全に完遂するための,安全・確実な血管の操作と処置のノウハウを解説。豊富なイラスト・写真とストリーミング動画で,現在の泌尿器科手術における血管外科手技を習得できる一冊。
序文


目次