HOME > 泌尿器科 > Urologic Surgery Next 5 尿路変向・再建術

書籍詳細

尿路変向・再建術は,泌尿器科医が目指す山頂の一つ。スキルアップを目指す泌尿器科医にも必携の手術書!

Urologic Surgery Next 5

尿路変向・再建術

尿路変向・再建術
担当編集委員 荒井 陽一
定価 12,960円(税込)(本体 12,000 円+税)
A4判  186ページ  オールカラー,イラスト180点,写真50点
2019年9月23日刊行予定
ISBN978-4-7583-1334-6

■編集委員
荒井陽一/髙橋 悟/山本新吾/土谷順彦

内容紹介
膀胱全摘に伴う尿路変向・再建術は,数ある泌尿器科手術のなかでも,一つの到達点である。本書では失禁型尿路変向術,自然排尿型尿路変向術,禁制型尿路変向術,尿路ストーマ管理,尿管再建・形成術,膀胱拡大術,腹腔鏡支援手術を経験豊富なエキスパートが解説。
これから尿路変向・再建術を行う若い泌尿器科医はもちろんのこと,スキルアップを目指す泌尿器科医にも必携の手術書である。
関連するお勧め書籍

序文



目次