HOME > 整形外科 > 先天性股関節脱臼の診断と治療

書籍詳細

先天性股関節脱臼を見逃さない! 進行させない!

先天性股関節脱臼の診断と治療

先天性股関節脱臼の診断と治療
編集
尾﨑 敏文
赤澤 啓史
定価 7,560円(税込)(本体 7,000 円+税)
B5変型判  176ページ  2色,イラスト85点,写真235点
2014年3月18日刊行
ISBN978-4-7583-1360-5
内容紹介
先天性股関節脱臼は,見逃がすと治療が難航したり変形性股関節症に進行する恐れがある疾患である。予防啓発の浸透で患者数は減ったが,その分診断経験のある医師が減り,1歳を超え歩行が開始されてから脱臼が発見されるケースが近年増加しつつある。本書では,まず脱臼を見逃さないための診断技術と,早期発見症例に対する保存療法を解説し,症状が進行した症例に対する手術療法については,年齢別に適応を記し詳述している。
先天性股関節脱臼のすべてを網羅した集大成としての1冊である。
序文


目次