HOME > 整形外科 > これから始める運動器・関節エコー

書籍詳細

各部位別のエコーの撮り方,見方,読み取り方がわかる! 先天性股関節脱臼,関節リウマチについても詳細解説

これから始める運動器・関節エコー

必ず描出するためのコツとテクニック

これから始める運動器・関節エコー
編集 石崎 一穂
編集協力
藤原 憲太
鈴木 毅
定価 6,264円(税込)(本体 5,800 円+税)
A4判  260ページ  オールカラー,イラスト50点,写真100点
2015年7月27日刊行
ISBN978-4-7583-1367-4
内容紹介
昨今,整形外科分野において運動器のエコー検査が用いられる頻度が高まっている。以前は心エコーや腹部エコーが主流であったが,機器の進歩と共に,エコー検査で,骨,軟骨,筋,腱,靱帯,末梢神経,血管のすべてを評価することができるという点においても,今後さらに劇的に普及していくと思われる。「無侵襲検査」であり,CTやMRIに比べ医療費を安く抑えることができ,簡単に検査を行うことができるが,その反面で正確に画像を描出できず,診断に役立てられていない場合も多い。
目的に応じた画像を撮り,診断に役立てるためには,とりあえずエコーをあててみるのではなく,具体的に走査の手順をイメージし,どのように進行したらよいのかを考え,被検者にとって有益な画像を撮ることが大切である。また,関節リウマチに対しては,炎症を起こしている関節滑膜の評価や関節液,骨びらんの観察に適しており,無侵襲検査で検査を即日行うことが可能であるため,早期発見にも適している。
そこで本書では,運動器・関節に対してエコーを使いこなすために必要な基礎知識,技術をまとめ,どのように考え運動器・関節エコーに取り組めばいいのか,再現性を高めるためにはどのようなテクニック,技術が必要なのかを,若手医師,技師のバイブルとなる書籍となるよう解説した。
序文


目次