HOME > 整形外科 > 肩関節手術のすべて

書籍詳細

肩のすべてがここにある

肩関節手術のすべて

肩関節手術のすべて
編集 菅谷 啓之
編集協力
秋田 恵一
二村 昭元
定価 17,280円(税込)(本体 16,000 円+税)
A4判  380ページ  オールカラー
2018年4月2日刊行予定
ISBN978-4-7583-1377-3
  • 未刊
  • 未刊のため発売までお待ち下さい。ご購入はできません。
内容紹介
肩関節の鏡視下手術,直視下手術にかかわらず,その正しい解剖を知ることは重要である。本書では,一般的な解剖ではなく,「肩関節手術に必要な解剖」をその疾患ごとに「Anatomical Key Shot」として示し,わかりやすく解説している。
まず,人体のなかで最も脱臼のしやすい肩関節に対し,その不安定性を取り除くためのBankart法や烏口突起移行術などの手技を解説。次に腱板断裂について,一次修復可能なもの,不可能なものに分け,詳述している。さらに,変形性肩関節症については,人工関節に必要な解剖からリバース型人工肩関節の応用術まで,幅広くそのテクニックを紹介している。また,感染症や神経麻痺,肩関節周辺骨折まで取り上げ,本書はその名の通り「すべて」を網羅している。
肩関節治療に携わる医師必携の1冊である。