HOME > 循環器 > 循環器治療薬ベストチョイス

書籍詳細

循環器薬の投与に対する考え方・方法・投与例等を「1st Line」「2nd Line」にわけて徹底解説!

これで決まり!

循環器治療薬ベストチョイス

こんな病態・症例にこの処方

循環器治療薬ベストチョイス
編集 池田 隆徳
定価 4,860円(税込)(本体 4,500 円+税)
A5判  304ページ  2色
2012年7月12日刊行
ISBN978-4-7583-1401-5
内容紹介
現在の循環器診療において,PCIをはじめとするカテーテル治療,IVUS,OCT等が注目されがちであるが,「薬物療法」は循環器内科医にとって最も難しく,腕の見せ所の1つともいえる。しかし,異なる病態で同じ薬剤が広く使われ,β遮断薬などの主要な薬剤においても30程度の種類があるため,処方に難渋する場面が臨床現場で多々あるのが現状である。
そこで本書では,循環器薬物療法を「1st Line」「2nd Line」に分けて,各疾患,病態に対する処方テクニックを第一線で活躍する循環器内科医が徹底解説。薬剤の特徴や処方例,投与上の注意点等のほかに,「1st Line」「2nd Line」それぞれの選択に対する考え方も詳細に解説しており,臨床現場において薬物療法の手助けとなる1冊となっている。
序文


目次