HOME > 循環器 > 先天性心疾患

書籍詳細

中澤 誠 先生責任編集。先天性心疾患の病態,血行動態,診断,治療,予後のフォローアップまでをわかりやすく網羅的に解説した1冊

先天性心疾患

先天性心疾患
編集 中澤 誠
定価 12,960円(税込)(本体 12,000 円+税)
B5判  452ページ  オールカラー,イラスト100点,写真1,000点
2014年9月22日刊行
ISBN978-4-7583-1403-9
内容紹介
生産児の100人に1人に発生する先天性心疾患は,遺伝的な要因もあるが,多くの場合原因不明である。そのため,個々の疾患に応じた治療が必要であり,さらに疾患も多岐にわたっている。手術が必要となるケースも多く,術前,術後の血行動態の変化も先天性心疾患の診療・治療を難しいと感じさせる要因の1つといわれている。
また昨今では,先天性心疾患に対する心臓カテーテル検査,治療も器具の進化や技術の進歩により急速に普及し,年間3000件以上の症例数を数えている。さらに,術後の状態に個人差が大きく,小児患者の特徴もしっかりと理解していなければならないため,術後,カテーテル治療後の経過観察に豊富な知識,細かなフォローを必要とする。成人期まで成長する確率が9割を超える現在では,成長とともに変化が生じる病態も正確に理解したうえでの長期のフォローアップも必須である。
そこで本書では,「先天性心疾患」の病態から血行動態,診断,治療,予後のフォローアップ(術後経過)について,各疾患が発症する時期ごとにわけて掲載し,分かりやすく全体を網羅した書籍として刊行。また,先天性心疾患の予後が非常によく,年間1万人以上が成人期に達するため,成人先天性心疾患についても簡潔に解説している。
序文


目次