HOME > 循環器 > 複雑病変に挑むEVT最新テクニック

書籍詳細

EVT治療で必ず成功する考え方,実手技,ポイントを徹底解説!

複雑病変に挑むEVT最新テクニック

Tokeidai style

複雑病変に挑むEVT最新テクニック
著者 浦澤 一史
定価 8,100円(税込)(本体 7,500 円+税)
B5判  248ページ  2色(一部カラー),イラスト30点,写真800点
2013年10月25日刊行
ISBN978-4-7583-1411-4
内容紹介
近年,インターベンション治療の中で,最も進化が著しく注目されているのが末梢血管治療(endovascular therapy:EVT)である。要因は多岐に渡るが,その中でも超高齢社会や食生活の欧米化等により動脈硬化疾患(糖尿病等)が増加した点,末梢動脈疾患患者の予後が悪く,心血管合併症を引き起こす可能性が高いことがあげられる。糖尿病患者は「重症下肢虚血」になる可能性が高く,また,冠動脈病変を有する多くの患者が末梢動脈疾患に罹患しているとの指摘もある。
そのため,現在,EVT治療を積極的に行う施設,医師が増えているが,熟練したテクニックを間近でみる機会も学会場でのライブデモンストレーション等に限られており,直接,エキスパートから指導を受けている医師も少ないのが現状である。
そこで本書では,EVTで著明な浦澤一史先生に,実際に先生が治療した症例を用い,EVTに対してどのように考え取り組んだらよいのか(治療法の選択,カテーテルの選択),どのテクニックを身につけたら良いのかを豊富な画像と共に徹底解説する。
序文


目次