HOME > 循環器 > SHD/ACHDのCT・MRI

書籍詳細

進歩著しいSHD/ACHDのCT・MRIの撮り方,読み取り方,トラブルシューティングを具体的に解説

SHD/ACHDのCT・MRI

SHD/ACHDのCT・MRI
編集

栗林 幸夫
丹羽 公一郎
椎名 由美
定価 7,560円(税込)(本体 7,000 円+税)
B5判  250ページ  オールカラー,写真700点
2015年3月3日刊行
ISBN978-4-7583-1418-3
内容紹介
SHD(structural heart disease)に対するカテーテル治療は欧米では積極的に行われてきており,日本ではホット・トピックスとして注目が集まっている分野である。SHDの中心的な手技としては,大動脈弁狭窄に対する経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI,2013年11月より保険適応)や心房中隔欠損に対するdevice closure,僧帽弁狭窄に対する経皮経静脈的僧帽弁交連切開術(PTMC)等があげられる。
どの手技に対しても術前評価は不可欠であり,そのなかで有用なものとして,CT,MRIがある。MRIは血行動態や心機能を,CTは形態の全体像を把握するために用いられており,心エコーでは得ることができない情報を得ることができるため,SHDに対するCT・MRIは今後さらにニーズが高まると予測できる。
また,ACHD(成人先天性心疾患)に対してのCT・MRIの撮像,読み取り方についても,患者に個々に特徴があり,難易度が高いため,患者数が飛躍的に増えている現在,循環器内科医にとって避けて通ることのできない分野となっている。術後の心臓に対して心エコーだけでは読み取れない疾患の評価をCTやMRIで行うこともできる。
そこで本書では,進歩著しいSHD/ACHDのCT・MRIにおいて,どのように考え撮像すべきか,どこをポイントに画像を読み取るかを解説した。トラブル回避の方法も述べ,これから本分野に進出する先生方が,評価指標としてのCT・MRIを理解できるようになる内容となっている。
序文


目次