HOME > 循環器 > 症例で覚えるPCI術者に必要な治療Tips

書籍詳細

経験不足なPCI術者も本書を読めばエキスパートの治療方針決定の思考経路がわかる!

実践に活かす!

症例で覚えるPCI術者に必要な治療Tips

症例で覚えるPCI術者に必要な治療Tips
編集 五十嵐 康己
定価 8,100円(税込)(本体 7,500 円+税)
B5判  314ページ  2色(一部カラー)
2015年9月29日刊行
ISBN978-4-7583-1427-5
内容紹介
掲載した症例はいずれも,PCI術者であれば誰もが遭遇しうる,治療方針の決定に迷うケースではないかと思われる。日常臨床でわれわれが治療する個々の患者には,様々な全身疾患もしくは特異な病変背景を併せもつ場合が多く,いわゆるEBMだけに基づいた治療は難しい場合が多いと考えられる。
本書では,日々遭遇しうるさまざまな臨床もしくは病変の背景をもつ患者の一例一例の臨床経験から得られた知見を,全国のエキスパートのPCI術者から提示していただき,特に,症例数の豊富でない施設の術者や,経験数のいまだ少ない若手術者への日々のPCI臨床の手助けとなる知識,判断,応用に役立つ書として編集した。
序文


目次