HOME > 循環器 > これから始めるカテーテルアブレーション

書籍詳細

心臓電気生理学的検査を理解して,各疾患の手技の流れ,コツをつかもう

これから始めるカテーテルアブレーション

手技がわかる,流れがつかめる

これから始めるカテーテルアブレーション
編集 大塚 崇之
定価 7,020円(税込)(本体 6,500 円+税)
A4判  224ページ  オールカラー,イラスト30点,写真500点
2016年3月25日刊行
ISBN978-4-7583-1430-5
内容紹介
カテーテルアブレーションは,不整脈を引き起こす心臓内の伝導異常のある局所にカテーテルを使用して焼灼を行い正常なリズムを取り戻す方法として,広く普及している。心房細動,心房粗動,発作性上室頻拍,心房頻拍,心室頻拍,心室期外収縮などのほとんどの不整脈を治療することが可能であるが,電気生理学を習得する必要があり,合併症の危険と背中あわせであるため,手技を始める前に知識を習得し,基本的技術を身につける必要がある。
超高齢化の日本では,高血圧や弁膜症,心筋症,虚血性心疾患に罹患している患者の心房細動を起こす割合の高さも相まって,患者数がさらに増加することが予測されている。
そこで本書では,「これから始めるカテーテルアブレーション」と題し,カテーテルアブレーションに従事する医師に向けて,どのようなことを身につければいいのかを理解できるよう,実際の流れに沿って手順,方法等を解説した。「電気生理学的検査」を一通り押さえ,その後,各疾患ごとに診断,治療方法についてもわかりやすく丁寧に解説されている。
序文


目次