HOME > 循環器 > Integrated Cardiac Imaging

書籍詳細

画像診断モダリティーを診断,治療,評価に活かす

Integrated Cardiac Imaging

画像で病態に迫る,治療効果を判定する

Integrated Cardiac Imaging
監修 吉川 純一
編集主幹 伊藤 浩
編集

大門 雅夫
田中 篤
渡辺 弘之
定価 8,100円(税込)(本体 7,500 円+税)
B5判  246ページ  オールカラー,写真380点
2016年9月28日刊行
ISBN978-4-7583-1433-6
内容紹介
循環器疾患診療において画像診断は必要不可欠のモダリティーである。使われる画像診断のモダリティーは多彩で,疾患に応じて、そして目的に応じて駆使されている。一方で,これら画像診断モダリティーを活かしきれていないのが現状である。
そこで本書では,循環器疾患において画像診断モダリティーをどのように活用して行けば良いのか、実臨床に即してわかりやすく解説。まずは心エコー図検査を柱としてそこから何を目的として、どの画像診断モダリティーを使い、その結果をどう解釈して、どう治療効果を判定するか、各分野のエキスパートならではの主張を交え、実臨床で即実践できる内容となっている。
序文


目次