HOME > 循環器 > 循環器診療に活かす 心臓血管解剖学

書籍詳細

国循が贈る心臓のすべて

循環器診療に活かす 心臓血管解剖学

循環器診療に活かす 心臓血管解剖学
編集 国立循環器病研究センター病理部
定価 9,180円(税込)(本体 8,500 円+税)
i_movie.jpg
A4変型判  226ページ  オールカラー,写真505点,Web動画視聴権付き(2本/計11分)
2016年9月29日刊行
ISBN978-4-7583-1434-3
内容紹介
心臓の病理解剖学は臨床的に得られる心電図,心エコー図,カテーテル検査,心血管造影などの種々の電気的・血行力学的データと対比することによってさらに理解が深まり,臨床データも解剖学的裏付けがあってこそ確立される。循環器臨床医は常に,病変の質だけでなく心臓全体のなかでの分布や病変相互の関連,時間的経過などを洞察して論理的矛盾のないストーリーを頭のなかで組み立てる必要があり,解剖の知識は必須である。
本書は,国立循環器病研究センター病理部がもつ心臓解剖所見をあまさず網羅した心臓解剖書である。500点を越える鮮明な解剖・病理写真に加え,解剖動画データによってより深い理解を可能にした,“国循”の英知を結集した一冊である。

序文


目次