HOME > 循環器 > 心不全治療に心エコーを生かす Q&A 115

書籍詳細

若手ドクターの悩み,疑問をすべて解決! 今日から役立つ心不全治療をレベルアップする方法を教えます!

今知りたい疑問に答えました!

心不全治療に心エコーを生かす Q&A 115

心不全治療に心エコーを生かす Q&A 115
編集
瀬尾 由広
上嶋 徳久
編集協力

大手 信之
山田 聡
土肥 薫
定価 6,264円(税込)(本体 5,800 円+税)
B5判  256ページ  オールカラー,イラスト40点,写真150点
2017年3月24日刊行
ISBN978-4-7583-1436-7
内容紹介
心不全は循環器疾患の中で最大の難関であり,数多くの課題をはらんでいる。患者数は増加の一途であり,予後不良な患者が多いことも問題となっている。
治療を困難にさせている原因は病態の複雑さである。循環動態のみならず,交感神経系や内分泌系の亢進など様々な要素が織りなして病態を形成している。その核となる心臓の機能一つにおいても難解である。心臓は,その折々の様々な負荷に対して適応と破綻を繰り返して今の状態に至っている。それを紐解くには病歴や様々な診断ツールから得られた情報から解読するしかない。
心エコーは,心不全の診断や治療のモニタリングに必要不可欠な診断ツールである。現在,心腔の形態や機能のみならず心筋の機能や心腔内の流れや圧力を評価できるようになり,臨床に役立てられる機会も増えている。しかし,心エコーからもたらされる情報を正確に理解し,治療に生かすことが苦手と感じる若手医師は実は多い。レポートには画像や数値が記載されているが,どのような意味を持っているのかがわからず,治療が右往左往してしまう場面をよく見かける。それは心機能に関して,これまで系統立って教育を受ける機会が少なく,また,詳説した書籍がないことに起因する。
そこで本書は,心機能をどのように評価し心不全の治療に役立てるのか,心エコーをどのように目の前の患者の治療に落とし込むのかがわかるよう,若手医師の疑問に答える形でやさしく解説されている。

序文


目次