HOME > 臨床検査技師 > 臨床検査技師 ブルー・ノート 基礎編

書籍詳細

臨床検査技師の新しい国試出題基準に準拠し,「基礎分野」の内容を網羅した『ブルー・ノート』第2版。学習に合わせてオリジナルノートを作成できる,国試合格を助ける最良のサブテキスト

臨床検査技師 ブルー・ノート 基礎編

2nd edition

臨床検査技師 ブルー・ノート 基礎編
編集 芝 紀代子
定価 7,344円(税込)(本体 6,800 円+税)
B5判  560ページ  2色(一部カラー),イラスト320点
2013年3月4日刊行
ISBN978-4-7583-1455-8
内容紹介
本書の初版は「臨床検査技師 国家試験出題基準」に完全準拠したサブテキストとして,平成19年に刊行された。この出題基準は平成23年に改定され,同年より新基準に則った国家試験が開催されている。本書はこの新基準に準拠した最新の改訂版である。初版の刊行時から進歩した検査技術・機器に合わせて記載内容も刷新した。
『ブルー・ノート基礎編』は「専門基礎分野」,『イエロー・ノート臨床編』は「専門分野」の内容を網羅している。自分の苦手な分野に絞って1冊で勉強することもできれば,2冊合わせて国試対策を完璧にすることもできる。自分の状況に合わせて自由に使える書籍である。
本文は箇条書き形式で,国試合格に必要な知識を簡潔に解説した。本書の内容だけでは物足りない人は,欄外の余白に学習内容を書き込むことで,自分だけのオリジナルノートを作ることができる。授業のサブテキストや国試用の参考書として使っていれば,気づいたときには本書が自分の記憶のバックアップとなっているはずである。
さらに,検体の写真や検査法のイラストなども豊富に掲載し,視覚的にも理解しやすい内容となっている。ちょっとした疑問点や覚えたほうがいい内容は「用語アラカルト」「One point Advice」などのコラムで補っている。国試に向けて勉強するには最適のサブテキストである。ぜひ本書で国試合格をつかみとってほしい。
序文


目次