HOME > 消化器外科 > 胆・膵の外科手術

書籍詳細

鮮明な術中写真で胆・膵の外科手術を解説!

術中写真で見る

胆・膵の外科手術

胆・膵の外科手術
編集 望月 泉
定価 9,720円(税込)(本体 9,000 円+税)
A4判  200ページ  オールカラー,イラスト40点,写真220点
2013年3月19日刊行
ISBN978-4-7583-1503-6
内容紹介
胆・膵の領域において,胆道癌・膵臓癌の唯一の根治治療は手術であるが,膵疾患に対する手術は難しく,術後合併症を引き起こす可能性が非常に高い。そこで,消化器外科医をターゲットに,胆・膵の開腹手術を安全に行えるよう,鮮明な手技の写真とイラストを中心に,手術の重要ポイントを記述し,目で見て理解できる紙面構成で解説した。
本書の大きな特徴は,鮮明な迫力のある術中写真である。この鮮明な術中写真をオールカラーで200点以上掲載し,本文では手術手技の基本的な流れのほか,「エキスパートの眼」や「テクニック」「ポイント」「Don’t」「トラブルシューティング」などを随所で解説し,懇切丁寧な手術書としてまとめた。
序文



目次