HOME > 消化器内科 > 消化器薬物療法 STEP 1・2・3

書籍詳細

消化器疾患に対する薬物療法を①初期投与、②効果判定、③終了判断の3つのSTEPに分けて解説

治療過程で一目でわかる

消化器薬物療法 STEP 1・2・3

消化器薬物療法 STEP 1・2・3
編集

一瀬 雅夫
岡 政志
持田 智
定価 4,536円(税込)(本体 4,200 円+税)
B6変型判  304ページ  2色
2013年3月27日刊行
ISBN978-4-7583-1504-3
内容紹介
薬物療法では、薬剤の効果をみながら投薬の終了や継続の判断を行うが、実臨床では初回投与で治療が終了するだけでなく、再来時の効果判定や薬剤変更などの判断が治療の成否を決める。そこで本書では、薬剤の初回投与法だrけでなく、その効果の判定や薬物療法の終了・中止のタイミングについてわかりやすく記載した。薬物療法の過程を3つのSTEPに分けて構成し、各過程での処方例と継続、治療のポイント、薬物療法終了・中止の判断を一目でわかるように解説した。

序文


目次