HOME > 消化器外科 > 消化器外科 周術期合併症のminimal requirements

書籍詳細

困った! 手術前や手術後の患者さんにトラブルが! 正しく対応するにはこれを読んでから!

消化器外科 周術期合併症のminimal requirements

重症度の階層化とその対策

消化器外科 周術期合併症のminimal requirements
監修 北野 正剛
編集
白石 憲男
上田 貴威
定価 10,260円(税込)(本体 9,500 円+税)
B5判  520ページ  オールカラー,イラスト50点,写真50点
2015年12月21日刊行
ISBN978-4-7583-1520-3
内容紹介
手術では患者の体にメスを入れ,臓器や病変の摘出などを行うために,外科的侵襲が生じる。その結果、必ず何らかの「生体反応」が起こり、併存疾患の増悪や合併症の発生を招く。それゆえ,術前・術後の患者の様子を注意深く見守り,正しく評価し対応する必要がある。
本書では,症例を提示し,術前併存疾患や術後合併症についてどう対応すべきかをより具体的に解説した。すなわち、術前併存症や術後合併症の重症度の層別化を行い,経時的に変化するそれらに対して、どのように的確な対応をすべきかを紹介している。
1章では,近年、手術を受けるのは高齢患者が多いことから、「併存疾患(心臓疾患,糖尿病,腎障害など)」を抱えている患者に対する術後合併症の予防対策を,2章では部位別に発生した術後合併症の重症度の評価とその的確な対応を取り上げた。
ここ数年,消化器外科専門医試験にも合併症の症例問題が増えつつある。消化器外科専門医の過去問題と類似した症例には,その問題番号も付記している。
序文


目次