HOME > 消化器外科 > 消化器癌のひろがり診断スキル

書籍詳細

「癌のひろがり診断」ができなきゃ始まらない! 消化器癌の治療アルゴリズムに「入る」ためのスキルと自信が身につく1冊。TNM分類に従ったひろがり診断ができる!

ガイドラインを上手に使うための

消化器癌のひろがり診断スキル

治療アルゴリズムへの入り方

消化器癌のひろがり診断スキル
監修 北野 正剛
編集
白石 憲男
白下 英史
定価 8,100円(税込)(本体 7,500 円+税)
B5判  296ページ  オールカラー,イラスト50点,写真100点
2016年2月29日刊行
ISBN978-4-7583-1521-0
内容紹介
消化器癌の診療において,ガイドラインに示されている治療アルゴリズムは,治療方針の決定に大変役立つものである。しかしながら,アルゴリズムの出発点・分岐点では,「癌のひろがり診断」を行い,病期を判断することが求められる。そこで本書では,食道・胃・大腸・肝臓・胆道・膵癌の各アルゴリズムに必要な「癌のひろがり診断」を項目として取り上げ,身につけるべき知識・スキルを,多くの画像やシェーマ,症例とともにQ&Aでわかりやすく解説している。また,すべての項目には著者オリジナルの「癌のひろがり診断のアルゴリズム」を完備。ガイドラインの治療アルゴリズムに入るためには何をどう診断したらいいのか,順序立てて整理することができ,明日からの診療に役立つ。
「癌のひろがり診断」に自信がない若き臨床医に,ぜひ手に取ってほしい1冊である。

序文


目次