HOME > 脳神経外科 > 神経外傷 診療ガイドブック

書籍詳細

現場の疑問にズバリ答えます! 現場に役立つポイントをQ&Aで解説

神経外傷 診療ガイドブック

神経外傷 診療ガイドブック
編集 三宅 康史
定価 10,260円(税込)(本体 9,500 円+税)
B5変型判  252ページ  2色(一部カラー),写真182点
2017年3月24日刊行
ISBN978-4-7583-1560-9
内容紹介
最近では重症頭部外傷・緊急手術は減少傾向にあるが、小児や高齢者で神経外傷が多く発生している事実からも、少子高齢化が一層進行する日本において、神経外傷への取り組みの重要性が低下するということはないであろう。
本書では、まずガイドライン改訂やレジストリー(JNTDB)制度を紹介。そして脳神経外科医として必須の標準的な軽症〜緊急手術を要する重症の神経外傷の診断・治療・管理の最新の解説とともに、脳神経外科医も重大な役割を担う脳死移植、事故調などで注目を浴びている死因究明についても取り上げている。
脳神経外科専門医にとって必須の内容を幅広く網羅するとともに、救命救急センターや二次救急医療機関で日々頭部外傷患者の診療に当たっている若手の外科系医師にとっても十分役に立つ内容となっている。
序文


目次