HOME > 脳神経外科 > 新NS NOW 1 バイパス術のすべて

書籍詳細

新体制で『新NS NOW』シリーズが始動! 創刊号は,最も基本的な手技である「バイパス術」が究められる1冊

新NS NOW 1

バイパス術のすべて

次世代への技術の継承

バイパス術のすべて
担当編集委員 森田 明夫
定価 11,880円(税込)(本体 11,000 円+税)
A4判  196ページ  オールカラー,イラスト100点,写真60点
2015年2月19日刊行
ISBN978-4-7583-1561-6

■編集委員
森田明夫/伊達 勲/菊田健一郎

内容紹介
新NS NOW創刊号として,「バイパス術」を取り上げた。手術の低侵襲化が進むなか,バイパス術は脳神経外科手術における手術手技として,最も基本的かつ重要な手技であり,若手医師は必ず習得しておくべき技術である。
Ⅰ章は「基本編」とし,血管吻合のトレーニング法,手術のセットアップを解説。現在ベテランと言われる医師達が,自身がどうトレーニングしてきたのか,また,若手医師に指導する際に気をつけている点は何かを,ていねいに紹介している。
Ⅱ章は「応用編」とし,部位別にバイパス術を解説している。それぞれの手術部位ごとの制約があるなかで,いかに良い術場を作るか,バイパス部はどう選ぶか,縫合時に気をつけることは何か,などシチュエーションごとに記述している。
さらに,創刊号では「他領域のバイパス術」と題し,脳神経外科医にとどまらず,バイパス術を行う血管外科,形成外科の医師にも執筆していただいた。他科の技術からも得られる知識が,脳神経外科のバイパス術に活かせることもあるはずである。
本書は,バイパス術のすべてがわかる,若手医師必携の1冊である。
序文


目次