HOME > 画像医学 > 認知症の脳画像診断

書籍詳細

認知症の画像診断における「早期検出」,「鑑別診断」,「将来展望」を一望できる1冊!

認知症の脳画像診断

早期検出と鑑別をめざして

認知症の脳画像診断
編集
西村 恒彦
武田 雅俊
編集協力
松田 博史
伊藤 健吾
定価 8,640円(税込)(本体 8,000 円+税)
B5変型判  184ページ  オールカラー,写真200点
2015年9月14日刊行
ISBN978-4-7583-1584-5
内容紹介
認知症の画像診断は,早期検出および鑑別診断上からも必ず不可欠なものとなってきている。そこで本書は,「早期検出」,「鑑別診断」,「将来展望」を3本柱として構成し,臨床における画像診断の現状と今後期待される発展について一望できるようコンパクトにまとめた。
認知症の早期検出では,とくに日常診療で用いられているMRI,脳血流SPECTの実際と客観的評価法(VSRADや3D-SSP)につき詳述した。また,最近話題となっているMCIクリニックにおける画像診断を用いた診断・治療戦略についても項目を設けた。
認知症の鑑別診断では,変性性疾患に加え正常圧水頭症,血管性認知症,糖尿病性認知症などについて,最近のMRI/SPECTにおける知見についても詳述した。
将来展望として現実のものとなりつつあるアミロイドPETなどの分子イメージングが果たす役割につき別項として解説した。
認知症の画像診断を必要とする放射線核医学関係者のみならず神経内科,精神科,脳神経外科に加え一般内科医にとっても,折に触れ参考にしていただける1冊である。
「認知症」に関連するお勧め書籍

序文


目次