HOME > 画像医学 > 産科・婦人科領域のIVR

書籍詳細

産科危機的出血,子宮筋腫,子宮がん……。治療にIVRをどう活かす?

一歩先行く

産科・婦人科領域のIVR

産科・婦人科領域のIVR
編集


中島 康雄
田島 廣之
鈴木 直
田中 守
定価 7,560円(税込)(本体 7,000 円+税)
B5変型判  228ページ  2色(一部カラー),写真270点
2016年3月30日刊行
ISBN978-4-7583-1593-7
内容紹介
分娩時の産科危機的出血においては,止血剤や外科的処置で対応できない場合にIVRが有用な場合がある。また,子宮筋腫や子宮腺腫といった良性疾患に対する治療法の選択肢の1つとしてIVRが選択される場合がある。さらに,子宮癌や卵巣癌患者で外科治療,放射線治療,全身抗がん化学療法とともにIVRが有効なことがあり,種々の場面で産婦人科医と放射線科医の連携が求められている。
そこで本書は,放射線科と産婦人科の医師を主な対象に,産科・婦人科領域のIVRについていまおさえておきたい事項を解説した。診療ガイドラインについての解説を随所に加えつつ,骨盤血管解剖・疾患概念・マネージメントの基本知識の整理から最新情報までをまとめた一冊である。
序文


目次