HOME > 画像医学 > これから始める体表エコー

書籍詳細

乳腺,甲状腺など体表エコーが本書だけでわかる! 走査方法からエコーの読み取り方まで,幅広くマスターできる1冊

これから始める体表エコー

押さえておくべき走査方法、描出のコツ、超音波所見のとらえ方

これから始める体表エコー
編著 白石 周一
執筆
小柳 敬子
岡村 康子
定価 4,860円(税込)(本体 4,500 円+税)
A4判  196ページ  オールカラー,イラスト30点,写真400点
2016年6月17日刊行
ISBN978-4-7583-1594-4
内容紹介
エコーは「無侵襲検査」であるため,多くの医師,技師が検査を行っているが,実際は正確に画像を描出していない場合もあり,診断に役立てられていないことも多い。“とりあえずのエコー”,“とりあえずの画像”では診断を正しく下すことができず,重要な所見を見落としてしまうことも少なくない。エコーは,検者の技術力の差がそのまま診断の差につながる検査といえる。
そこで本書では,体表領域(乳腺,甲状腺,唾液腺など)のエコーを使いこなすために必要な基礎知識や技術をまとめ,アーチファクトへの対処方法,診断に役立つ画像を記録するためにはどのような知識やテクニックが必要なのか等を詳しく解説している。
体表領域のエコー走査テクニックを1冊にまとめた書籍は稀であり,本書は,類書のなかで最も優しくわかりやすい,「絵本のような教科書」をコンセプトとした技師や若手医師のバイブルとなる書籍である。
序文


目次