HOME > 理学療法士・作業療法士 > 脳機能の基礎知識と神経症候ケーススタディ

書籍詳細

多彩な神経症候を症例ベースで徹底的に読み解く! リハビリテーションの臨床で活かせる実践書

脳機能の基礎知識と神経症候ケーススタディ

脳血管障害を中心に

脳機能の基礎知識と神経症候ケーススタディ
編集 沼田 憲治
定価 6,048円(税込)(本体 5,600 円+税)
B5判  280ページ  2色(一部カラー),イラスト200点,写真200点
2017年1月23日刊行
ISBN978-4-7583-1699-6
内容紹介
脳損傷後にみられる神経症候は多彩である。例えば,立位が保持できず転倒する状況をみて,運動失調か,半側空間無視か,あるいは運動無視やlateropulsion,視床性失立症なのか,さまざまな症候が考えられる。また,視床や小脳の損傷で起こる認知・情動障害,行為を抑制できない把握反応や模倣行動など,神経学的検査をしていても,目の前の患者に現れている神経症候を見極めるのは難しい。
本書はそのような神経症候について,脳解剖,脳機能の基礎から解説し,さまざまな神経症候のメカニズムを症例ベースで解き明かす。脳画像から正確に病巣を把握し,神経学的検査と評価,メカニズムの解説から,これらの知見をどのようにリハビリテーションの臨床に活かせばよいかまでを網羅した実践書である。
序文


目次