HOME > 産婦人科 > 皮下鋼線吊り上げ法による婦人科腹腔鏡手術

書籍詳細

腹腔鏡手術をより簡単に行うために。気腹法ではないもう一つの腹腔鏡手術である皮下鋼線吊り上げ法を詳細に解説

東京医科大学方式

皮下鋼線吊り上げ法による婦人科腹腔鏡手術

皮下鋼線吊り上げ法による婦人科腹腔鏡手術
編集
井坂 惠一
伊東 宏絵
定価 9,720円(税込)(本体 9,000 円+税)
i_movie.jpg
B5判  144ページ  オールカラー,イラスト50点,写真100点,Web動画視聴権付き(21本/137分)
2016年4月28日刊行
ISBN978-4-7583-1735-1
内容紹介
操作性・安全性・経済性に優れた腹腔鏡手術の方法として,東京医科大学産科婦人科学教室で行われている皮下鋼線吊り上げ法を解説。従来の気腹法に比べ合併症が少なく,かつラーニングカーブが短い,このもう一つの腹腔鏡手術手技を学ぶことは,難易度の高い腹腔鏡手術を習得するうえで大きな助けとなる。詳細な手技の解説に加え,手術動画をストリーミング視聴にて学ぶことができる。
序文


目次