HOME > 癌・腫瘍 > ハイリスクがん患者の化学療法ナビゲーター

書籍詳細

合併症があっても化学療法ができる。新たな治療,新たなエビデンスを加えた改訂第2版

ハイリスクがん患者の化学療法ナビゲーター

改訂第2版

ハイリスクがん患者の化学療法ナビゲーター
編集
高野 利実
尾崎 由記範
編集協力 近藤 千紘
定価 4,104円(税込)(本体 3,800 円+税)
A5判  176ページ  2色
2017年10月24日刊行予定
ISBN978-4-7583-1802-0
  • 未刊
  • 未刊のため発売までお待ち下さい。ご購入はできません。
内容紹介
がん患者が既往症,合併症をもっている場合は少なくない。しかし,どのように抗がん剤を投与すればよいか明確化されていないことが多く,現場の医師はこのようなハイリスクがん患者に対し,投与量などを調節しながら治療を行っている。
本書は2013年に初版が刊行されたが,その後に適用となった新規薬剤,新規治療法,新たに明らかになったエビデンスを加筆,新規項目を追加した改訂第2版である。最近注目されている免疫チェックポイント阻害薬の使用と,それに伴う有害事象(irAE)についても言及している。
ハイリスクがん患者が多く集まる代表的な市中病院である虎の門病院の医師を中心に,豊富な治療経験をもつ執筆陣により,基礎疾患をもつがん患者の,がんと基礎疾患の両方に対する知慮法を解説する。