HOME > 理学療法士・作業療法士 > 臨床歩行分析ワークブック

書籍詳細

歩行分析を基礎から理解し身に付けるための第一歩,Web動画付き改訂第2版!

臨床歩行分析ワークブック

改訂第2版

臨床歩行分析ワークブック
監修 武田 功
編集 廣瀬 浩昭
執筆

廣瀬 浩昭
弓岡 光徳
西守 隆
定価 4,320円(税込)(本体 4,000 円+税)
i_movie.jpg
B5判  244ページ  2色,イラスト120点
2017年9月28日刊行
ISBN978-4-7583-1905-8
内容紹介
リハビリテーションスタッフにとって動作とその分析は,業務の根幹となる知識・スキルのひとつであり,養成校で学ぶだけでなく,臨床に出てからも磨き続けることになる。なかでも「歩行」は人間の基本動作のひとつであるが,関わる身体部位は多く,そのメカニズムはたいへん奥深い。
本書は,動作のなかでも歩行(および立ち上がりなどの周辺動作)とその分析に内容を絞り,基礎知識から分析までを書き込みながら学べるワークブックである。全15章構成の各章にまず入門の教科書的内容があり,その後に練習問題(基本問題・演習問題)を設け,設問に対する解答を書き込んでいくことで,手を動かしながら知識が身につくようになっている。また理解の一助となる周辺知識も豊富に盛り込み,学生のみならず臨床家にも役立つ内容となっている。
本改訂版より,11章「異常歩行とクリニカルプラクティス」について,Web動画が閲覧可能となった。
序文


目次