HOME > 診療放射線技師 > X線撮影のポジショニングとテクニック

書籍詳細

その体位をなぜ,どう取らせる(取らせない)べきなのか,フルカラーCGで学ぼう!

フルカラーCGで学ぶ

X線撮影のポジショニングとテクニック

X線撮影のポジショニングとテクニック
監修 神島 保
著者 杉森 博行
定価 5,940円(税込)(本体 5,500 円+税)
B5判  256ページ  オールカラー,イラスト50点,写真1000点
2017年12月25日刊行予定
ISBN978-4-7583-1907-2
  • 未刊
  • 未刊のため発売までお待ち下さい。ご購入はできません。
内容紹介
本書は,フルカラーCGによるポジショニング解説をメインとした,X線撮影のテキストである。診断に適した画像を得るためには,(1) 正しいポジショニング,(2) 意図どおりの画像になっているか判断するための正常像と解剖の理解,(3) 異常像の読影力の3つが必須である。本書はこの(1) 〜(3) を連動して理解できるように,体の部位ごとの代表的な撮影法について,ポジショニングをわかりやすいカラーCGで解説するとともに,正常画像や典型的な異常画像も適宜並べて掲載している。「なぜその体位を取らせる(取らせない)べきなのか」「この体位が取れない場合の代替法は?」「どんなことを想定して撮影する必要があるのか」までを学べる1冊である。