HOME > 理学療法士・作業療法士 > 循環器リハビリテーションの理論と技術

書籍詳細

循環器疾患およびそのリハについて,解剖生理や病態から評価・治療までを詳説する改訂第2版

循環器リハビリテーションの理論と技術

改訂第2版

循環器リハビリテーションの理論と技術
編集
増田 卓
松永 篤彦
定価 6,264円(税込)(本体 5,800 円+税)
B5変型判  400ページ  2色(一部カラー),イラスト150点,写真170点
2019年4月1日刊行予定
ISBN978-4-7583-1942-3
  • 未刊
  • 未刊のため発売までお待ち下さい。ご購入はできません。
内容紹介
循環器疾患患者の多くは多疾患有病者であり,原疾患を含む多くの臨床所見から運動療法におけるリスクの層別化を図る必要がある。また,運動中の呼吸ならびに循環応答を適切に捉えることが運動処方の組み立てを大きく左右することから,これらの応答をより客観的に捉える高い評価技術が求められている。さらに,二次予防(再発予防)に向けて,退院後の疾患管理ならびに日常生活活動について教育的に働きかける指導能力が必要となるなど,疾患の特性に焦点をあてて,評価技術と治療技術を応用していく能力が求められている。
そこで本書は,循環器疾患に対する理学療法の臨床的意義や運動療法(プロトコール)の列挙にとどまらず,理学療法を組み立てるための理論的背景とその理論に基づいた評価ならびに治療技術を明らかにし,臨床の場で必要な知識が身に付くことを目指した。
改訂第2版では,心エコーやPCIの普及など進歩著しい循環器医療についてアップデートし,禁煙指導や術後ケアについても項目を設けた。


目次