HOME > 循環器 > 補助人工心臓治療チーム実践ガイド

書籍詳細

最新の人工心臓をいち早く紹介。東大などの治療チームが実践法を解説

補助人工心臓治療チーム実践ガイド

改訂第2版

補助人工心臓治療チーム実践ガイド
監修 許 俊鋭
編集


絹川 弘一郎
遠藤 美代子
柏 公一
天尾 理恵
定価 8,640円(税込)(本体 8,000 円+税)
B5判  360ページ  2色(一部カラー),イラスト100点,写真100点
2018年11月5日刊行
ISBN978-4-7583-1951-5
内容紹介
近年の人工心臓治療において,心臓外科医の役割は植え込み手術を問題なく実施することが主となり,在宅治療や社会復帰のための治療には,チームとして循環器内科医・看護師・臨床工学技士・理学療法士といった広範な職種がかかわることになる。補助人工心臓手術の実施や管理の認定施設が増加し,施設認定の必須条件でもある人工心臓管理技術認定士(VADコーディネーター)の有資格者も増え,補助人工心臓植え込み後の在宅治療が治療の鍵といえる。チームの各スタッフがこの“治療”にいかにかかわるか,その役割を理解し,知識とスキルを身に付けることが肝要である。
本書は現在治療にかかわるスタッフや,これから資格取得を目指す医療従事者に向けた,補助人工心臓治療チームのためのガイドブックである。
今回の改訂では,補助人工心臓治療の歴史,保険償還などの背景,国内外の最新の補助人工心臓治療情報を追加するとともに,今の日本の補助人工心臓治療をリードする認定施設チームの実際について解説した。実際に使用しているチェックシートやスライドなどを多数引用し,実践的なチーム医療が学べるようになっている。

序文


目次