HOME > 循環器 > FFRスタンダードマニュアル

書籍詳細

いまPCIを行う際に必要とされる虚血評価。その代表的なモダリティであるFFR(冠血流予備能比)を理解し,使いこなすためのPCI術者必携の一冊

PCIのための虚血評価

FFRスタンダードマニュアル

改訂版

FFRスタンダードマニュアル
編集 田中 信大
定価 8,100円(税込)(本体 7,500 円+税)
B5判  272ページ  オールカラー,写真200点
2019年3月3日刊行
ISBN978-4-7583-1954-6
内容紹介
2018年春の保険改訂により,安定冠動脈疾患に対するPCI治療時に虚血評価を行うことが義務付けられた。今後,FFR(冠血流予備能比)をはじめとする虚血評価を行ったうえで,PCIを施行するか否か,薬物治療を施行するか等の治療戦略を決定することとなり,今まさに多くの循環器内科医は虚血評価を学び,その技法を身につける必要に迫られている。また,初版「FFRのすべて」刊行の2015年3月以降さまざまなFFRの新しいエビデンスが発表され,FFRによる虚血評価を基とした適切な治療法選択の重要性が明らかにされてきている。
改訂版では,初版に続きFFRについて一冊ですべて理解できる書籍として構成するとともに,最新のエビデンス・症例の収載,注目されつつある他のモダリティまで解説し,より治療に結びつけた実践的な内容として虚血評価と冠動脈疾患の治療につき解説する。
関連するお勧め書籍

序文


目次