HOME > 癌・腫瘍 > 新 癌の外科 -手術手技シリーズ 3 胃癌

書籍詳細

新 癌の外科 -手術手技シリーズ 3

胃癌

胃癌
編集 笹子 三津留
定価 10,260円(税込)(本体 9,500 円+税)
A4判  160ページ  2色,イラスト350点
2002年2月13日刊行
ISBN978-4-89553-957-9

■シリーズ監修
垣添忠生

内容紹介
胃癌手術は,さまざまな癌の手術療法の中でも,きわめて頻度の高い治療法の1つといえる。国立がんセンター中央病院では,年間約500例の胃癌手術が行われているが,15年前に比べると,手術手技は著しく多様化し,進行癌に対する安全な拡大手術もわかってきた。本書は,旧シリーズでは刊行できなかった「胃癌」について,国立がんセンター中央病院の手術手技を,イラストを駆使して解説した外科医必読の書である。

序文


目次