HOME > 整形外科 > 新OS NOW No.15 足部疾患の保存療法と手術療法

書籍詳細

足部疾患の治療法が一目瞭然

新OS NOW No.15

足部疾患の保存療法と手術療法

足部疾患の保存療法と手術療法
担当編集委員 岩本 幸英
定価 9,180円(税込)(本体 8,500 円+税)
A4判  232ページ  
2002年7月26日刊行
ISBN978-4-89553-980-7

■シリーズ編集委員
高岡邦夫/岩本幸英/落合直之/清水克時

■シリーズ編集顧問
林浩一郎

内容紹介
近年,足部の痛みを主訴として整形外科外来を訪れる患者は増加傾向にあり, 日常診療では各種の保存療法と手術療法が行われている。本書は,足部疾患を“先天性足部変形”“後天性足部変形”“全身疾患に伴う足部障害”“外傷”の4つの章で構成し,そのなかで取り上げている疾患・外傷については,すべて保存療法と手術療法の両方を解説している(外反母趾,RA,踵骨骨折などは複数の手術手技を取り上げている)。各治療法の適応,手技,効果の内容が,ダイナミックな写真とイラストにより一目瞭然となっている。

序文


目次