HOME > 理学療法士・作業療法士 > 理学療法マネジメント

シリーズ一覧

関節の機能障害に対する評価・解釈・治療アプローチを詳細に解説!

理学療法マネジメント(全5巻)

理学療法マネジメント(全5巻)
B5判 平均250ページ 
内容紹介
理学療法士(PT)は患者が有する機能障害(関節の可動域制限,不安定性,過可動性,疼痛など)を評価・分析し,それに基づいて治療プログラムを立案し,実践している。適切な治療プログラムを作成するには,理学療法の入口にあたる理学療法評価で障害の主要因を見極め,治療の方向性を見定めることが重要である。
そこで本書では,医師から診断名が下された後,患者の症状をどのように評価し,その結果を解釈し,治療の方向性を定めるかといった点を重点的に解説。機能障害を的確に見つめ理解することで,限られた期間でも効果的で計画的なリハビリテーションを実施する「理学療法マネジメント能力」を身に付けられる1冊となっている。


シリーズ全巻構成

巻数 書名 定価 (税込) 刊行年月日 注文
  肩関節理学療法マネジメント     

未刊

  股関節理学療法マネジメント     

未刊

  膝関節理学療法マネジメント  5,940円  2018年2月3日 

注文する

  足部・足関節理学療法マネジメント  5,832円  2018年3月31日 

注文する

  脊柱関節理学療法マネジメント     

未刊