メジカルビュー

  • カート

最新の肺がん化学療法レジメンに対応,治療の流れに沿ってプロのコツを徹底解説!

肺がん化学療法 副作用マネジメント プロのコツ

肺がん化学療法 副作用マネジメント プロのコツ


■編集
倉田 宝保
吉岡 弘鎮
金田 俊彦

定価 4,730
(本体 4,300 円+税)

B6変型判  396ページ  2色

2019年7月22日刊行

ISBN978-4-7583-1805-1

カートに入れる

立ち読み


医書jp電子版はこちら

M2PLUS電子版はこちら

内容紹介

抗がん剤治療の効果を最大限に得るには,治療をできるだけ長く・患者負担なく継続することが重要であり,そのためには副作用に対して適切な支持療法を行い,必要に応じて抗がん剤を減量・休止するといった「副作用マネジメント」が重要な鍵となる。
本書は,免疫チェックポイント阻害薬+化学療法や新規薬剤まで,現時点で最新の肺がん化学療法レジメンについて解説。治療開始前の前投薬・前処方の工夫,副作用の発現時期や対処法,減量・休薬・再開の判断まで,治療の流れに沿ってプロのコツを徹底解説。アピアランスケアや心のケアのコツ,また,よりよいOSを得るための治療戦略のコツや,転移性腫瘍におけるQOL維持のコツまで,複雑化する肺がん化学療法をフルサポート。「臨床ですぐに・本当に使える」この1冊で,副作用マネジメントにはもう悩まない!

関連するお勧め書籍

PAGE TOP