Medical Illustration 画力ゼロから始めるメディカルイラスト生活Medical Illustration 画力ゼロから始めるメディカルイラスト生活

第2回 ゼロから始めるなんとなく上手にみえるデッサン

3秒でわかる前回のあらすじ。手描きしたよ(二重の意味で)!
さて、前回のラストでプロの実力を垣間見たY本さん。
今回はまず三木さんのイラストから「どこがいいからちゃんとした手に見えるのか」を学びましょう。そしてそこだけを重点的に取り入れ真似するのです。
なんか「小論文のテストで確実にポイントを稼ぐコツ」みたいな論法ですが,われわれ絵心皆無勢としてはそれで多少なりとも上達する(ようにみえる)のなら
過程はよかろうなのだ!
というわけで三木さん,解説をお願いします。
「そうですね,前回もちょっといいましたがこうしたイラストではランドマークをはっきりと描くことです。絵にメリハリが出ますね。
手でいえば手首の内外の骨の出っ張り(オレンジの矢印部分),そこから親指に向かう手のひらの厚み(黄色の線の部分),
指の関節を同一円周上に置くこと(赤矢印の部分),あたりですね」
なるほど、大事なところはだいたい出っ張ってるみたいです。
でもこれはわかる話。絵が描けない人間って基本,立体感が出せないですからね。
なにやってもエジプトの壁画よろしく平面構図しか出てこない。
今ちょっと,中学の美術の時間の「正面に座っているクラスメイトの顔を粘土で作りましょう」って課題で踏んづけたクロワッサンみたいなのを作ってしまったことを思い出しました。あのときは宮本くんに悪いことをした。
「バランスをとるための円の中で凹凸がちゃんとするとぐっと手の厚みが出ますよ。
真上から見ても手の厚さってわかるんです。次はそこを意識して,もう一度描いてみましょうか」

ですってY本さん。
「描きました」
「描きました」

はやーい。
って,おお! 自分でも描いてらっしゃるけど進歩がみえる。
並べれば一目瞭然
いいんじゃないですかY本さん。手首を意識したことで形がよくなったように思えます。
なるほど。前のを手直しするんじゃなくて,新しく描くことでこうして比較ができるんですね。
「
「そうですね。手早く描くのを繰り返すことで自分のなかで『正しい線』の感覚がつかめるようになってきます」

ふーむ。わずか数分の指導でこれだけ変わるんですもんね。画力ゼロチームだけあってこれは今後も躍進が期待できそうです。
それにしてもこの指の谷間。ちょっとした線と陰を入れることで上から見た構図なのに厚みが感じられます。
改めてみると,たしかに水かきみたいなのあるんですよねここ。見事な観察眼です。
Y本さん,いつの間にこんなテクを……!
「あ,そこ三木さんのアドバイスで描きました」
「あ,そこ三木さんのアドバイスで描きました」
「ちょっと三木さん。なに手助けしてるんですか」
「ちょっと三木さん。なに手助けしてるんですか」
「
「すみません,つい。でもほら見てください。手首の骨がわかるようになりましたね。
指の腱を描いたのもいいです。指の根元には関節があって,骨とその上を通る腱もやっぱり出っ張りますからね。
親指のところの手のひらはもう少し線を厚くしてもよかったかもしれません」
「そこへいくとわたしはほら」
「そこへいくとわたしはほら」
「ちょっと三木さん。なに手助けしてるんですか」
「あ、面白そうだからって急遽参加した上司T」
「
「これは女性的な,柔らかな手が描けていますね。小指の関節はもう少し下でよかったかもしれません。
でも指そのものはシャープでいいですよ」

確かに。特に親指周りの線は秀逸と認めざるを得ません。
この自然なライン,奥行きを感じさせる陰影。これが子を持つ親の実力(夏休みの宿題の手助けとか)ということなのでしょうか。やりおる。
「ううん,そこは三木さんが描いた」
「ううん,そこは三木さんが描いた」
「ちょっと三木さん。なに手助けしてるんですか」
ちょっとおおお! 直接介入しちゃってるじゃないですか! PKOか!」
「
「すみません,つい」

これが絵描きの性なのか。しかしまあ効果は絶大でしたよ。
オイオイオイこれ画力ゼロじゃないじゃん。次回からは上司出禁だわ」とか思ってましたからね。
ランドマークを意識し,それをはっきりと描く。これが画力ゼロ脱出の第一手のようです。
「ちょっと三木さん。なに手助けしてるんですか」
「……あの,手についてはわかったんですけど,ほかのもの描くときはランドマークどうやってみつければ?」
「
「手でやったのと同じように,まず描く大きさのアタリを軽く円で決めます。その円の縦横の線を軽くクロスさせて中心を取ります。この重なっている円とクロスの線は消さないでください
「ほむほむ」
「ほむほむ」
「
「このアタリに描くものの中央がくるようにして,描くものの全体を常に見ながら左右上下のバランス(長さなど)を取りながら大まかに描いていきます。ランドマークを2〜3カ所正確に決め,その位置を基準にまわりのものを入れていくのもひとつの方法です」
「描くうえで取っ掛かりになりそうなものがランドマークになるというわけですね」
「
「そうですね。いずれにせよ『大まかから細部へ』です。1回で線は決まらないので,軽いタッチでたくさん線を描き汚して,画面を自分のものにしていくことが大切です。そのたくさんの線のなかから『これ』という線がわかるので,そこで初めてしっかりした線を引いていきます」
「ははあ,大量生産品のなかにごく稀にどんな職人の手によるものよりも精巧な逸品が生まれるのと同じ理屈ですね。漫画で見ました
「
「ちょっとなに言ってるかわからないです」
つづき(第3回)は6月20日公開予定です。