最新化学療法レジメン

癌研有明病院

消化器癌

改訂第2版

消化器癌

■編集 山口 俊晴

定価 3,300円(税込) (本体3,000円+税)
  • B5判  96ページ  
  • 2009年4月6日刊行
  • ISBN978-4-7583-0341-5

在庫僅少です。


抗癌剤治療の進歩の早さに対応する化学療法の実践書

癌研有明病院で行われている消化器癌治療の化学療法レジメンのファーストラインとセカンドラインを紹介。最新のEBMに応じた抗癌剤の使用法と副作用対策を解説。抗癌剤治療の進歩の早さに対応する化学療法の実践書である。


序文

 本書の初版の序文では,「誤解や思い違いによる事故を防止するために,“まぎれない”,“簡明である”,“最新のレジメンである”ことをモットーに看護師,レジデントレベルの医師に容易に使いこなせる実用書を目指して作成された。」と書いた。実際,本書の目指すのは癌の化学療法の基礎や理論から,実験段階の治療法まで網羅するところにあるのではない。消化器癌の化学療法のレジメンのうち,その有用性が臨床試験で明らかにされ,日常診療における標準的治療として行われているものについて,上記のモットーに従って記載した。読者の中には,もう少しここの抗癌剤の特性や開発の経緯なども知りたいという方もおられると思うが,あえてそのような記載は極力省いた。そのような目的には,ぜひほかの成書を当たっていただきたい。つまり,本書が置かれるべき場所は図書館の蔵書棚ではなく,病棟あるいは外来のデスクサイドである。
 平成18年3月に初版が発行されてから,癌の化学療法の進歩は著しい。また,癌の化学療法の多くが外来化学療法へとシフトした事も,大きな変化といえよう。多くの外来患者の出入りする中で,時には極めて危険結果をもたらす化学療法を,安全・確実に行うためにこそ本書は企画・刊行されたのである。そのような意味では,本書が本格的に活用されるべき時代が来たともいえよう。
 日進月歩の化学療法を取り扱っているため,本書は頻繁に書き換えられるべきであるが,この3年間の進歩はあまりに急であった。学会やジャーナルに数多くの成果が公開されるたびに,どこで区切りをつけて本書を改訂すべきか迷っているうちに,3年が経過したのが実態である。今後は改定までの最適の期間はどれほどであるべきなのか,また標準的レジメンを変更するような成果が明らかになった場合,どのように読者にその変化をお伝えできるかという課題も解決する必要があろう。その意味では,変化・発展してゆく癌化学療法のレジメンに,本シリーズがどのようにダイナミックに対応できるかこそ,本シリーズの存在価値を決めるものになると考えられる。読者の皆様の忌憚ないご意見,ご感想をお寄せいただければ幸いである。
 最後に,極めて多忙な日常診療のなか,本書の執筆に当たっていただいた著者の皆様に心から感謝申し上げる。

平成21年3月20日
癌研究会有明病院 副院長 山口俊晴
全文表示する

目次

PART 1 食道癌
1 切除不能食道癌の化学(放射線)療法陳 勁松
 ・放射線併用5-FU+CDDP(FP)療法
2 食道癌術後の補助化学療法瀬戸泰之
 ・5-FU+CDDP(FP)療法
3 転移性再発食道癌の化学療法陳 勁松
 ・5-FU+CDDP(FP)療法
 ・Docetaxcel(ドセタキセル)療法

PART 2 胃癌
1 切除不能胃癌の化学療法陳 勁松
 ・CPT-11+CDDP併用療法
 ・Paclitaxel(パクリタキセル)療法
 ・Docetaxcel(ドセタキセル)療法
2 転移再発胃癌の化学療法陳 勁松
 ・S-1(TS-1)単独療法
 ・メトトレキサート(MTX)+5-FU交代療法
 ・S-1+CDDP併用療法
 ・S-1+Docetaxel療法
 ・CPT-11単独療法
3 胃癌手術の補助化学療法中島聰總
 ・N-SAS-GC療法
 ・5-FU+LV+放射線療法
 ・ACTS-GC療法
4 胃癌手術の術前化学療法中島聰總
 ・CDDP+5-FU+Epi-ADM+Icv(Cascinu S)療法
 ・ECF療法(MAGIC trial)

PART 3 大腸癌
1 進行,再発大腸癌の化学療法水沼信之
 ・mFOLFOX6+bevacizumab(ベバシズマブ)療法
 ・FOLFIRI+bevacizumab(ベバシズマブ)療法
 ・FOLFIRI+cetuximab(セツキシマブ)療法
 ・CPT-11+cetuximab(セツキシマブ)療法
2 大腸癌の術後補助化学療法大矢雅敏,水沼信之,渡邉利泰
 ・I-LV+5-FU療法
 ・UFT+LV療法
 ・Capecitabine(カペシタビン)療法

PART 4 肝細胞癌・胆道癌・膵癌
1 肝細胞癌の化学療法猪狩功遺
2 切除不能胆道癌の化学療法猪狩功遺
・GEM療法
・S-1療法
3 切除不能膵癌の化学療法猪狩功遺
・GEM療法
・S-1療法
4 膵癌の術後補助化学療法山本順司
 ・GEM療法
 ・S-1(TS-1)単独療法

PART 5 消化管のGIST
1 GISTの化学療法尾阪将人
 ・Imatinib(イマチニブ)療法
 ・Sunitinib(スニチニブ)療法
全文表示する

関連する
オススメ書籍