新OS NOW No.23

手関節と肘関節

手術療法はどこまで進んだか

手関節と肘関節

■担当編集委員 落合 直之

定価 9,900円(税込) (本体9,000円+税)
  • A4判  180ページ  イラスト300点
  • 2004年7月26日刊行
  • ISBN978-4-7583-0617-1

肘手の機能障害に対する最新の手術手技をイラストを交えて解説。匠の世界が覗けます!

整形外科手術において,さまざまな術式が生まれてきたのは,必要に迫られた先人が創意工夫を凝らした結果であり,そこには匠の世界を垣間見ることができる。これを実現していくのは人の上肢,それも手によるものである。本巻では,物つくりの根幹をなす肘手の機能障害に対する,最新の手術手技を豊富なイラストを交えて紹介している。匠の世界の創意工夫を理解すべくそれぞれの項目ごとにその道のプロにご執筆をいただいた。

■シリーズ編集委員
高岡邦夫/岩本幸英/落合直之/清水克時

■シリーズ編集顧問
林浩一郎


序文

 医療の現場と世の趨勢は,若干齟齬がある。医療を取り巻く環境は年々厳しくなり,EBM全盛時代へと動いている。いろいろな疾患のガイドライン作りもその一つであり,学会発表,論文もRCT,prospective studyでないと鼻も引っかけられないような状況へと向かいつつある。
 確かに,薬効の評価にはEBMは極めて有効な手段であろう。多数の被験者に対する効果の評価だけがこれまで唯一のよりどころであり,そこでは極力主観が入らないようにrandomizeしたり,double blindにすることが必要であった。しかし,今後は遺伝子レベルまで解析が進み被験者個々の体質にあった治療,すなわち薬の選択が行われるようになる。
 整形外科における手術の目的は,疾病や外傷で損なわれた運動器の機能の再建である。その対象の機能障害は,仮に同じであっても必要とする活動レベルは個々の患者によって異なる。したがって,同じ結果であっても患者の満足度は異なる。こう考えると,必ずしも同列には論ぜられないが,薬の薬効評価と違って機能再建外科の現場にEBMを持ち込むことは如何なものであろうか。ここでも個々の患者にあったオーダーメードの医療がやはり大切である。
 すなわち,手術というartの世界に,EBMを持ち込むことは或る意味では職人の物作りをマスプロに変えた産業革命のようなもので,没個性の均質な物作りに似ている。出来損ないがなくなるという意味では是とすべきであるが,匠の冴えた技を期待することはなくなる。
 一方,過去において様々な術式が生まれてきたのは,必要に迫られた先人が創意工夫を凝らした結果である。そこに匠の世界を垣間見ることができる。
 創意工夫を凝らし実現していくのは,ヒトの上肢それも手による。本巻では,物作りの根幹をなす肘手の機能障害に対する,匠の世界の創意工夫を理解できればと思い「手関節と肘関節−手術療法はどこまで進んだか」ということでそれぞれの項目ごとにその道のプロに執筆を願った次第である。皆様の診療の参考になれば幸いである。        

2004年7月
落合直之
全文表示する

目次

[橈骨遠位端骨折]
 1)関節内骨折に対する関節鏡視下整復法  澤泉卓哉,ほか
 2)不安定型橈骨遠位端骨折に対するnon-bridging創外固定による治療  坂野裕昭
 3)リン酸カルシウム骨セメントによる治療  戸部正博,ほか
 4)掌側進入によるcondylar stabilizing法  清重佳郎
[手関節諸問題]
 1)Kienbock病に対する圧迫プレートシステムを用いた前腕骨短縮骨切り術  坪川直人,ほか
 2)Kienbock病に対する橈骨からの有茎血管柄付き骨移植術  重松浩司,ほか
 3)TFCC損傷に対する鏡視下縫合術  三輪啓之,ほか
 4)舟状骨偽関節に対するAcutrac screw による移植骨固定  松下和彦,ほか
 5)舟状月状骨靱帯損傷に対する経皮的ピンニング  西川真史
[肘の関節リウマチ] 
 1)RA肘に対する滑膜切除術  水関隆也
 2)モジュラーNSK型人工肘関節  羽生忠正
 3)Kudo type 5 人工肘関節置換術  稲垣克記,ほか
[肘の骨軟骨障害]
 1)肘関節骨軟骨損傷の関節鏡視下手術  後藤英之
 2)上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する自家骨軟骨柱移植術  戸祭正喜
 3)組織工学を用いた硝子軟骨様組織移植  内尾祐司,ほか
 4)骨釘移植術  西浦康正,ほか
[肘関節内骨折]
 1)肘頭骨折に対する肘頭骨折用ガイドを用いたスクリューと軟鋼線による内固定法  大井宏之
 2)鉤状突起骨折  南野光彦,ほか
 3)Mason type IIIに対するプレート固定  山中一良
 4)橈骨頭骨折新鮮例に対する人工橈骨頭による治療  吉川泰弘
[その他]
 1)橈尺骨癒合症における血管柄付き遊離筋膜脂肪弁移植法  金谷文則
 2)変形性肘関節症に対するextensive debridement arthroplasty  末永直樹,ほか
 3)上腕骨外上顆炎三浪三千男,ほか
全文表示する