妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル

改訂第2版

妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル

■編集 日本糖尿病・妊娠学会

定価 4,400円(税込) (本体4,000円+税)
  • B5判  212ページ  2色
  • 2018年11月30日刊行
  • ISBN978-4-7583-1756-6

妊娠に携わるすべての医療従事者,糖尿病を診療する医師必携の改訂版!

妊婦に携わるすべての医療従事者,糖尿病を診察する医師達に正確な情報を提供するため,日本糖尿病・妊娠学会がまとめた管理マニュアル。ガイドラインとの整合性も視野に入れ,アップグレードされた改訂第2版である。
Clinical Questionに回答する形式で解説され,理解しやすいものになっている。文献の刷新に伴う内容の変更,および欧米諸国の診療ガイドラインの妊娠糖尿病に関する項目を踏まえ,我が国の現状に即した取捨選択を行いながら反映させることなどを中心にアップデートしている。


序文

改訂第2版の刊行によせて

 2010年の妊娠糖尿病診断基準改定にともない,約1割の妊婦が何らかの糖代謝異常を合併している時代になり,また妊娠前・妊娠中からの母児管理はその後の母児の状態にも影響を与えることがわかり,妊婦の糖代謝異常管理は非常に重要な問題になっています。しかし,わが国で妊婦の糖代謝異常の取り扱いに関するガイドラインは,日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会発行の『産婦人科診療ガイドライン産科編』の中の2つのクリニカルクエスチョン(CQ)と,日本糖尿病学会発行の『糖尿病診療ガイドライン』の9つのCQしかない状況であり,多くの方から日常診療に役立つマニュアルが欲しいとの要望がありました。このため,日本糖尿病・妊娠学会では2015年12月1日に『妊婦の糖代謝異常 診断・管理マニュアル』の初版を刊行しました。本マニュアルは,60項目からなり,多くの方に利用いただき,実地診療現場で使いやすいとの評価をいただいて参りました。
 一方,この分野の研究の発展もめざましく,多くの新しいエビデンスも報告されてきました。このため,今回の改訂に当たっては,①新しいエビデンスを盛り込んだ内容にすること,②英国の『The National Institute for Health and Clinical Excellence(NICE)ガイドライン』,『産婦人科診療ガイドライン 産科編2017』,『糖尿病診療ガイドライン(2016)』との整合性をとることを目的に作業を行いました。改訂第2版作成委員会の副委員長には杉山 隆先生と守屋達美先生に就任していただき,杉山先生には上記ガイドラインとの相違点を検討してもらいました。それを踏まえ,私と杉山,守屋副委員長の3人で,初版の全項目を読み直し,修正・追加いただく内容をピックアップし,改訂版の執筆者に送り,執筆いただきました。原稿は,別項に掲載しています査読委員の先生に査読をいただき,その後,副委員長には半分ずつ,私自身は委員長として全原稿の査読に係わってきました。どの項目もup-to-dateな内容が盛り込まれ,項目数も8項目増加して68項目となりました。臨床に役立つ非常によい改訂第2版が完成したと確信しています。
 最後になりましたが,お忙しい中,執筆,査読いただいた先生方,献身的なサポートいただいた杉山,守屋副委員長,そして編集業務に携わっていただいたメジカルビュー社の浅見直博氏,大久保彩音氏に深甚なる感謝を捧げたいと思います。 多くの方が,『改訂第2版 妊婦の糖代謝異常 診断・管理マニュアル』をお手元において,日常診療に活用してくださるよう念願しています。

2018年11月
一般社団法人 日本糖尿病・妊娠学会
理事長 平松祐司
全文表示する

目次

Ⅰ 妊娠前の管理
 1. 糖尿病の分類は?
 2. 1 型糖尿病,2型糖尿病はどのようにして診断するのですか?
 3. 糖尿病,妊娠糖尿病になりやすい人は?
 4. 糖尿病があったら起こりやすい妊娠時の合併症は?
 5. 糖尿病があっても妊娠できますか。妊娠するのに好ましい糖尿病の状態は?
 6. 糖尿病と不妊症は関係がありますか?
 7. 妊娠を希望している場合,糖尿病の治療を変更する必要がありますか?
 8. 計画妊娠はなぜ必要なのですか?
 9. 糖尿病網膜症の妊娠前評価は?
 10. 糖尿病腎症があっても妊娠可能ですか?
 11. 糖尿病女性の避妊法は?
 12. 葉酸サプリメントについて教えてください。(使用法は?)
 13. 妊娠前の目標血糖値はどれくらいにすればよいのですか?
 14. 妊娠前と妊娠中の妊婦への情報提供と看護の視点からのケア・支援はどのように行いますか?
 15. 妊娠前から妊娠期間中/分娩後にわたってチーム医療をどのように構築したらよいですか?
 
Ⅱ 妊娠中の管理
 1. 妊娠糖尿病とは?
 2. 妊婦の糖代謝の特徴は?
 3. 妊娠中の糖代謝異常スクリーニング法は?
 4. 妊娠中の高血糖は母児にどのような影響を及ぼしますか?
 5. 妊娠糖尿病の管理法は?
 6. 糖尿病合併妊娠,妊娠糖尿病で起こりやすい母体合併症は?
 7. 糖尿病合併妊娠,妊娠糖尿病で起こりやすい児の合併症は?
 8. 児の先天異常にはどのようなものがありますか?
 9. 妊娠中の血糖管理目標はどのように設定したらよいですか?
 10. 血糖自己測定(SMBG)とは何ですか?
 11. 血糖自己測定(SMBG)のとき,気を付ける点は?
 12. 持続血糖モニター(CGM)とは何ですか? どのようなときに必要ですか?
 13. 妊娠時のHbA1c,グリコアルブミンの使用法は?
 14. 妊婦管理・研究に用いられるその他の指標は?
 15. 妊娠中の食事療法はどのようにしたらよいですか?
 16. 食事療法の実際について教えてください。
 17. 妊娠中の運動療法はどのようにしたらよいですか?
 18. 妊娠中に使用できるインスリンは?
 19. どのようなとき,インスリンを使用するのですか?
 20. どのような場合に入院管理が必要ですか?
 21. 妊娠中のインスリンの使用法について教えてください。
 22. インスリン療法の副作用は?
 23. 経口糖尿病薬(血糖降下薬)の妊娠中使用の是非について教えてください。
 24. つわりのときの血糖管理法は?
 25. インスリン抵抗性とはどのような状態ですか?
 26. 糖尿病合併妊娠, 妊娠糖尿病妊婦の妊婦健診時の注意点は?
 27. 切迫早産がある場合の治療で気を付ける点は?
 28. 肥満妊婦の妊娠管理で注意すべき点は?
 29. 妊娠の糖尿病ケトアシドーシスの診断,対処法は?
 30. 劇症1 型糖尿病とはどのような疾患ですか?
 31. 糖尿病合併妊娠,妊娠糖尿病と妊娠高血圧症候群の関係はありますか?
 32. 巨大児かどうかの診断法は?
 33. 妊娠中に胎児死亡を起こすことがあると聞いたのですが本当ですか?
 34. 糖尿病,妊娠糖尿病合併妊婦の胎児心拍数モニタリング判読時の注意点は?
 35. メンタルヘルスについては?
 
Ⅲ 分娩時の管理
 1. 分娩は妊娠何週でしたらよいですか?
 2. 経腟分娩時の血糖管理法について教えてください。
 3. どのような場合に帝王切開するのですか?
 4. 帝王切開時に気を付ける点は?
 5. 妊娠糖尿病妊婦の分娩時の麻酔管理の注意点は?
 6. 帝王切開前後の血糖管理法は?
 7. 肩甲難産とは何ですか? その取り扱いは?
 
Ⅳ 産後の管理
 1. 糖尿病合併妊婦の退院時指導のポイントは?
 2. 妊娠糖尿病患者の退院時指導のポイントは?
 3. 産後の食事療法とその支援は,どうしたらよいですか?
 4. 産後の母体血糖管理はどのようにしたらよいですか?
 5. 母乳育児がよいと聞いたのですがそのメリットは?
 6. 糖代謝異常妊婦から生まれた新生児の管理の留意点は?
 7. 産後の耐糖能評価法と母親のフォローアップ法は?
 8. 産後の児のフォローアップ法は?
 9. 妊娠糖尿病があったらどれくらいの割合で将来糖尿病になるのですか?
 10. 妊娠糖尿病患者が次回妊娠で妊娠糖尿病を繰り返す頻度は?
 11. 低出生体重児,巨大児は将来種々の病気になると聞いたのですが?
全文表示する

関連する
お勧め書籍