2017年2月号 Vol.34 No.2

もう一度心房細動の診療を考える

Mebio 2017年2月号
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)
  • A4変型判  88ページ  
  • 2017年1月10日刊行

目次

■特集:もう一度心房細動の診療を考える  企画:平田恭信
 心房細動の病態生理  井上 博
 心房細動の疫学と管理の実態  鈴木信也

・心房細動の治療
 心房細動のレートコントロールの薬物療法とその進歩  新 博次
 心房細動のリズムコントロールのための薬物療法とその進歩  柏 麻美/草野研吾
 カテーテルアブレーションのストラテジーと実際  熊谷浩一郎
 クライオバルーン法など新規手法  新田順一/佐藤 明

・血栓予防法
 非弁膜症性心房細動に対する完全内視鏡下心臓外科手術;WOLF-OHTSUKA法 大塚俊哉
 ワルファリンとDOAC  安部晴彦/是恒之宏
 心房細動による脳梗塞の実際  横井美央/矢坂正弘
 基礎心疾患のある心房細動への対処  菊池規子/志賀 剛
 超高齢者の心房細動への対処  髙橋尚彦/篠原徹二/近藤秀和

●Mebio AHA2016 Report
 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)とその中和剤に対する最新の知見
全文表示する
閉じる

関連する
お勧め書籍