HOME > 医学一般 > 病医院の暴言・暴力対策ハンドブック

書籍詳細

医療機関における暴言・暴力の予防,発生時の対応,収拾まで対策のすべてがわかる本

ストップ!

病医院の暴言・暴力対策ハンドブック

医療機関における安全で安心な医療環境づくりのために

病医院の暴言・暴力対策ハンドブック
監修 相澤 好治
編集 和田 耕治
定価 4,104円(税込)(本体 3,800 円+税)
i_dl.jpg
A5判  240ページ  「院内掲示ポスター」ダウンロードサービス付き
2008年6月19日刊行
ISBN978-4-7583-0025-4
内容紹介
昨今マスコミでも話題となっている,患者やその家族からの医療従事者に対する暴言・暴力を取り上げ,予防から収拾までの対策を示したわが国初の書籍である。
医療機関における暴言・暴力について,その現実を浮き彫りにし,先駆的な対策を実施している施設からの具体策を提示する。また,警察OBや弁護士からの解説,患者支援の立場・医療消費者からの視点を加え,さらには接遇やコミュニケーションの専門家からの提言も得た。発生時の対応や,被害者へのケア,報告書の書き方,対策マニュアルの作り方,アクションチェックリストなど具体的に解説され,病医院に関連するその他の問題点としてセクハラ・ストーカー・悪質クレーマー・未集金についてまでもその対応が示され,すぐに取り入れられるアイディアが満載である。
ごく一部の患者からの暴言・暴力によって医療従事者が疲弊することは,医療の質の低下につながりかねない。医療従事者が安心して医療を提供することによって,患者も良質な医療を受けることができる。こうしたことを目的に編集された本書は,必ず役立つ一冊である。
「院内掲示ポスター」ダウンロードサービス付き。

序文


目次