HOME > 整形外科 > 脊椎手術合併症回避のポイント

書籍詳細

脊椎手術で起こりやすい合併症と手技のポイントが一目瞭然!

脊椎手術合併症回避のポイント

脊椎手術合併症回避のポイント
編集 山崎 正志
定価 14,040円(税込)(本体 13,000 円+税)
B5変型判  368ページ  オールカラー,イラスト300点,写真200点
2019年5月3日刊行予定
ISBN978-4-7583-1868-6
  • 未刊
  • 未刊のため発売までお待ち下さい。ご購入はできません。
内容紹介
若手脊椎外科医が執刀する手術で起こりうる合併症に限定し,構成されている書籍である。起こる頻度の高い合併症,それらを起こしやすい場面(メルクマール:指標)を術式別に取り上げ,イラスト・写真とともに解説している。
各項目は,「なぜ起こるのか」「起こさないために」「起きてしまったら」「オペ時のメルクマール」の見出し4つで構成されている。「オペ時のメルクマール」では最初に[起こしやすい場面:注意するポイント/回避のポイント]を青文字で強調しているので,例:[移植骨の設置時:母床椎体の骨性終板は温存する](移植骨設置位置の不良 より),この部分を見ていくだけでも,その手術で注意しなければいけない合併症の回避ポイントが理解できる。
術式別の合併症情報が一目瞭然になっている本書を,執刀前に是非必見していただきたい。
関連するお勧め書籍