活き活き長生き

新・健康のススメ

新・健康のススメ

■著者 高久 史麿

定価 2,200円(税込) (本体2,000円+税)
  • 四六判判  184ページ  
  • 2006年12月25日刊行
  • ISBN978-4-7583-0017-9

日本の医学界の第一人者の長生き健康法

日本医学界の権威である著者が,健康に関連した多くの研究報告から,身近なものをわかりやすく紹介した健康エッセイ。日常生活におけるヒントから,病気のはなし,医療技術の進歩などを掲載。


序文

まえがき

 今回,メジカルビュー社から『新・健康のススメ』を発刊する事となった。この『新・健康のススメ』は,私が毎月,地方自治情報センター発行の『LASDEC』誌に寄稿していた『健康情報(毎回1,000字)』の中の一部をまとめたものである。この毎月の健康情報は,私が自治医科大学内科の教授を務めていた時に始めた連載であるから,30年位経っている事になる。その中,前半の3分の2位は,2000年にライフメディコム社から『健康百科』として出版した。
 今回の『新・健康のススメ』は,その後の6年分の中の一部に加え,遡り約30年の連載の中からの一部を,メジカルビュー社の方が私の秘書の能見佐和子氏と相談して,私がその内容に少し手を加えてまとめたものである。毎月の健康情報はその当時話題になった病気の事を説明したり,症状毎にありふれた病気の幾つかを紹介したり,外国のニュース社から紹介されている新しい健康情報の中から一般の方が興味をもたれるような情報を紹介したりする等,様々である。従って,この『新・健康のススメ』もその記述が多岐にわたる事のご了承をお願いしたい。
 私がこの場で言うまでもなく,超高齢化社会を迎えた我が国で,高齢者が如何に健康な状態を維持するか,即ち健康寿命の延長が大きな課題となっている。健康寿命を延長する為に最も重要な事は,健康な生活習慣を守ることである。しかも,その健康な生活習慣を子供のときから守る事が重要な事は,言うまでもない。当然,家庭内での健康な生活習慣も,極めて重要な課題となってくる。
 今回刊行される『新・健康のススメ』の内容が,読者の方々にとって健康な生活習慣を守る一助となる事を願っている。

平成18年12月
高久 史麿
全文表示する

目次

第1章 健康の第一歩は食事から
 朝食の効果
 野菜や果物は老化の防止になる
 食塩の摂取量は少なければ少ないほど良い
 緑茶は動脈硬化にも効果あり
 日本の優れた食物
 魚の効用—不飽和脂肪酸—
 魚の効用—ドコサヘキサエン酸—
 癌予防のための食生活
 白ワインの効用
 アルコールと認知症
 アルコールの適量は人による
 カレーやアルコールと知能の話
 カレーのもう一つの効用
 トマト製品のススメ
 ヨーグルトの効果
 ブラックチョコレートは血圧を下げる
第2章 適度な運動を心がける
 散歩のススメ
 定期的な運動のススメ
 中高年者への運動のススメ
 運動は高齢者の認知能力の低下を防ぐ
第3章 よくあるこんな症状に注意
 頭痛
 めまい
 難聴
 胸痛
 五十肩
 ぎっくり腰
 慢性腰痛
 下痢
 便秘
 女性の貧血
 不眠症
第4章 生活習慣病を知る
 白衣高血圧
 正常高値血圧
 動脈硬化
 前糖尿病状態
 糖尿病の合併症
 肥満の行動修正療法
 肥満をめぐる三つの話題
 ビタミンAと骨粗鬆症
 肥満と骨粗鬆症
第5章 いろいろな病気を知る
 心房細動
 風邪の季節を迎えて
 ヘリコバクターピロリ菌と胃癌
 胃潰瘍になりやすい人
 早期胃癌
 鉄欠乏は思考能力の低下をきたす?
 尿路結石
 前立腺肥大症
 前立腺癌の予防
 痛風
 膠原病
 乳癌をめぐる話題
 認知症
 アレルギー性疾患と環境の清潔さ
 人獣共通伝染病
第6章 これでもまだ吸いますか?
 骨粗鬆症を引き起こす喫煙
 猫の間接喫煙
 たばこによる発癌
 たばこ規制枠組条約
 たばこをめぐる話題
第7章 医療技術の進歩
 オーダーメイド医療
 寿命を延ばす遺伝子の変化
 神経の細胞は筋肉の細胞よりも老化に強い
 貧血の薬が神経の薬になるかも
 糖尿病治療の新しい方法
 神経成長因子
 組織工学による人の膀胱の作成
第8章 健康よもやま話
 海外旅行と感染症
 夜間の照明と近眼
 手洗いの励行を
 人間は協力を好むようにできている
 長寿家系
 犬は人間の最良の友である
 睡眠と食欲
 オリーブオイルと鎮痛剤
 Atkinsのダイエット
 女性の男性評価の二面性
全文表示する