人体解剖フラッシュカード

人体解剖フラッシュカード

■翻訳 小川 元之

定価 5,280円(税込) (本体4,800円+税)
  • A6変型判  264ページ  ハガキ大カード,カラーイラスト240点,筋骨格系ポスター付き
  • 2011年1月13日刊行
  • ISBN978-4-7583-0086-5
  • 重要なお知らせとお詫び

解剖知識はカードでまとめて覚えよう! 世界中で30万セット以上の売上を誇る解剖教材の決定版!

『人体解剖フラッシュカード』は世界中で30万セット以上の売上を誇る,解剖教材の決定版である。
医学・医療を志すなら解剖知識を避けて通ることはできない。本セットは264枚のカードで構成され,オモテ面には「解剖イラスト」,ウラ面には「各部位の名称,解説」が掲載されている。同梱されているストラップを使えば,必要なカードだけを束ねて持ち運ぶことができるので,覚えていない部位のみをポケットに入れて持ち運ぶことも可能。また,必要な情報を余白に書き込んでカスタマイズすることもできる。
付録として「筋骨格系ポスター」「国試に役立つ人体データ」付き。


序文

 こんな教材が欲しかった!
 翻訳の依頼を頂いたときに,まず最初にそう思った。
 学生時代,こんなカード教材があったら私は間違いなく購入し,講義,実習に利用するのはもちろんのこと,医学生に相応しい下宿のインテリアとして書棚に飾っていたに違いない。
 この『人体解剖フラッシュカード ANATOMY Flash Cards』は,アメリカ,イギリス,ドイツなどでも人気のカード教材で,全世界で30 万セットも売れている実績がある。わが国では初めての本格的な医学カード教材だ。
 絵図は,ご覧の通り非常に正確に描かれ,臓器・器官の質感までも伝わってくる出来栄えである。さらに,単に絵図に描かれている構造の名称を列記しているだけではなく,解剖学的,生理学的機能についての解説も記されている優れものである。
 カードの特性を生かして必要な部分だけを持ち歩き,電車やバスでも反復学習が出来るし,実習室でも場所を取ることなく利用できる。解剖学の試験前には,特にこのカードが威力を発揮するに違いない。
 また,日英併記となっているので,医学英語の学内試験や医師国家試験対策にも適している。
 このカードが医学生だけでなく,すべての医療関係者のお役に立てることを切望しています。
 最後に,本フラッシュカードの翻訳にあたり,メジカルビュー社の高橋 学さんには多大なご協力を頂きました。ここに感謝の意を表したいと思います。

2010 年10 月
北里大学医学部学習支援研究部門准教授
東邦大学医学部客員教授
小川元之
全文表示する

目次

コンテンツ(Introduction & Contents):5 cards
骨格系(Skeletal System):55 cards
筋肉系(Muscular System):53 cards
神経系(Nervous System):35 cards
リンパ系(Lymphatic System):7 cards
循環器系(Circulatory System):24 cards
呼吸器系(Respiratory System):19 cards
泌尿器系(Urinary System):11 cards
消化器系(Digestive System):26 cards
生殖器系(Reproductive System):16 cards
内分泌系(Endocrine System):13 cards
全文表示する