病理画像診断 これでスッキリ!

病理画像診断 これでスッキリ!

■編集 梅澤 明弘
黒田 雅彦

定価 4,620円(税込) (本体4,200円+税)
  • B5判  300ページ  オールカラー,イラスト50点,写真300点
  • 2012年3月26日刊行
  • ISBN978-4-7583-0092-6

電子版


特徴を覚える,比べてみる,これで病理画像がスッキリわかる

本書では,学内試験,医師国家資格試験で病理写真が呈示されることが多い疾患について,所見の特徴を見開き2頁でわかりやすく解説。病理画像は過去10年間で国試に出題されたものを使用し,臨床所見・X線などその他の画像と合わせて疾患のポイントがわかるようにした。とくに病理像のどこに注目するのかをイラストとともに説明した。他疾患との違いも具体的に記載している。
画像比較一覧付き。写真を見比べることで鑑別のポイントがわかりやすくなっている。


序文

 多くの学生諸君にとって,画像診断は苦手意識のあるものの一つではないでしょうか。私も学生時代にどのように勉強をすればいいのか手探り状態であったのを記憶しています。現在も,臨床実習の現場で,難しい病理組織像をどのように理解すればいいかと多くの質問を受けます。本書はこのような学生諸君の要望に応え,医師国家資格試験に出題された病理組織像をもとに,疾患を理解するというアプローチで書き下ろしたものです。
 病理組織像の範囲は,病理診断と同様ですべての診療科にまたがります。H-E染色のみならず,免疫染色を含めた特殊な染色法,細胞診も含まれます。さまざまな知識が必要な国家試験の中で,不慣れな病理組織画像を理解し勉強するのは,学生諸君にとっては大変なことと思います。参考書選びから勉強方法も考えなくてはいけません。
 一方,勉強方法に国家試験の過去問を利用することには,いろいろな意見があります。しかし,過去に出題されているということは,それが重要な臨床領域であることを意味します。そこで本書では,過去10年間の既出問題のほぼすべてを取り上げて解説しました。そして,病態生理の理解をキーポイントに執筆し,よく似た画像や繰り返し出題される疾患についても,重複があってもあえて掲載しました。また,第95回以前の問題やオリジナル症例も加えて,今後の国家試験にも対応するように配慮しています。
 病理画像が示す,組織,細胞の異常を理解することは,その病態生理学を理解することに他なりません。また,最近様変わりしつつある国家試験には,組織画像が理解できないと正答できない問題も増えています。本書を読むことによって,個々の疾患を理解すると同時に疾患の“末ひろがり”の理解を学生諸君に期待します。
 最後になりますが,本書を通じて多くの医学生諸君が病理診断の重要性を認識し,臨床に役立つ力を身につけることを願っています。また,編集にご尽力いただいたメジカルビュー社編集部の石田奈緒美さんに深く感謝申し上げます。

2012年2月
梅澤 明弘
黒田 雅彦
全文表示する

目次

本書の特徴 1   
呼吸器・胸壁・縦隔疾患 [掲載写真の国試既出番号]  
 〈検査法・手順〉  
  グラム染色 [104H-15]
 〈感染性呼吸器疾患〉  
  細菌性肺炎① 肺炎球菌性肺炎 [96I-16]
  細菌性肺炎② 黄色ブドウ球菌性肺炎 [97A-57]
  ウイルス性肺炎 サイトメガロウイルス肺炎 [98D-13]
  肺真菌症 ニューモシスチス肺炎 [98D-11]
  肺結核 [98C-19〜21]
  膿胸 [102H-31, 32]
  真菌性肉芽腫症 クリプトコッカス肉芽腫症 [95D-58]
 〈気管・気管支・肺の形態,機能異常,外傷〉  
  びまん性汎細気管支炎(DPB) [95G-13]
  肺リンパ脈管筋腫症(びまん性過誤腫性肺脈管筋腫症) [96D-16] 
 〈免疫学的機序が考えられる肺疾患〉  
  アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 [104E-53]
  夏型過敏性肺炎 [103A-24]
  好酸球性肺炎 [103H-37, 38]
  サルコイドーシス [94E-36]
 〈実質性・間質性肺障害〉  
  アスベスト肺 [99G-15]
 〈気管支・肺・縦隔腫瘍〉  
  悪性肺腫瘍① 肺小細胞癌 [99F-46]
  悪性肺腫瘍② 肺扁平上皮癌 [99H-8][97D-15]
  悪性肺腫瘍③ 肺腺癌 [87E-7]
  胸膜中皮腫 [102A-54]
   
消化器・腹壁・腹膜疾患 [掲載写真の国試既出番号]  
 〈食道疾患〉  
  食道癌 [95D-22]
 〈胃・十二指腸疾患〉  
  胃癌(印環細胞癌) [102G-45]
  癌性腹膜炎 [103D-50]
  GIST [103D-26]
  迷入膵 [96A-25]
 〈小腸・結腸疾患〉  
  大腸結核 [95D-24]
  アメーバ赤痢 [104I-66]
  ランブル鞭毛虫症 [105A-37]
  潰瘍性大腸炎 [96I-11]
  消化管カルチノイド(大腸カルチノイド) [101G-27]
 〈肝疾患〉  
  ウイルス性慢性肝炎 [オリジナル]
  原発性胆汁性肝硬変 [95G-26][103I-77]
  アルコール性・非アルコール性脂肪性肝炎 [101G-28]
  肝細胞癌 [オリジナル]
   
血液・造血器疾患 [掲載写真の国試既出番号]  
 〈造血の基礎〉  
  血液・造血器疾患の病理像を理解するために① 
  骨髄球系幹細胞からの各血球への分化・成熟 
  血液・造血器疾患の病理像を理解するために② 
  白血球の種類と機能 
 〈赤血球系疾患〉  
  サラセミア [100F-36]
  遺伝性球状赤血球症 [102D-45]
  自己免疫性溶血性貧血 [102D-46]
  再生不良性貧血 [99G-32][103A-29]
  赤芽球癆 [98D-32][95G-32]
  骨髄異形成症候群  [104D-31][96D-33][99A-33]
 〈白血球系疾患とその他の骨髄性疾患〉  
  伝染性単核症 [103I-72]
  急性白血病 [98B-20]
  急性前骨髄性白血病(APL) [99G-33]
  急性リンパ性白血病(ALL) [98A-34]
  慢性骨髄性白血病(CML) [101G-34]
  成人T細胞白血病(ATL) [96D-34][105E-42]
  特発性骨髄線維症 [102D-47][105D-44]
  真性赤血球増多症 [101A-33]
  本態性血小板血症 [103G-39]
 〈悪性リンパ腫と類縁疾患〉  
  Hodgkinリンパ腫 [オリジナル]
  非Hodgkinリンパ腫① 濾胞性リンパ腫 [97A-35][101A-34]
  非Hodgkinリンパ腫② びまん性大細胞型リンパ腫 [103I-66]
  多発性骨髄腫 [81D-25]
  マクログロブリン血症 [97I-29]
  血球貪食症候群 [95G-34]
 〈出血性疾患と血栓傾向〉  
  特発性血小板減少性紫斑病 [105D-27]
  血栓性血小板減少性紫斑病 [98D-34]
  溶血性尿毒症症候群(HUS) [103A-31]
  偽性血小板減少症 [95C-30]
   
腎・泌尿器・生殖器疾患 [掲載写真の国試既出番号]  
  腎病理組織の基本 
 〈糸球体病変〉  
  感染後急性糸球体腎炎 [96D-36]
  抗GBM抗体糸球体腎炎・ 
  Goodpasture症候群 [105G-24][100A-41,104A-47]
  膜性腎症 [102D-50][104E-67〜69][105I-79]
  膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN) [103A-42]
  巣状分節性糸球体硬化症(FSGS) [99H-20]
  IgA腎症 [98A-36][105A-46]
  糖尿病性腎症 [95H-28〜30][102D-52]
  ANCA関連pauci-immune型半月体形成性腎炎・顕微鏡的多発血管炎 [99A-35]
  ループス腎炎 [101G-37]
  微小変化型ネフローゼ症候群(MCNS) [100A-38][105I-57]
 〈腎・尿路・男性生殖器の腫瘍〉  
  精巣腫瘍 [オリジナル]
 〈女性生殖器疾患〉  
  子宮内膜症 [オリジナル]
  卵巣腫瘍① 成熟嚢胞奇形腫 [102D-59]
  卵巣腫瘍② 粘液性嚢胞腫瘍 [95G-40]
    〈参考〉鑑別疾患:腹膜偽粘液腫 [104D-30]
  卵巣腫瘍③ 明細胞腺癌 [105D-20]
  卵巣腫瘍④ Krukenberg腫瘍 [オリジナル]
  子宮頸癌 [103D-24][97A-41][98A-41][99G-39][100F-43]
  子宮体癌 [104I-55][96A-40]
    〈参考〉多嚢胞性卵巣症候群でみられた内膜組織 [96A-39]
  絨毛性疾患 [97D-41]
  子宮平滑筋肉腫 [95D-41]
 〈乳腺・乳房疾患〉  
  乳癌 [オリジナル][75C-30]
   
神経・運動器疾患 [掲載写真の国試既出番号]  
 〈骨・軟部腫瘍と類似疾患〉  
  原発性良性骨腫瘍 骨巨細胞腫 [104D-41]
  原発性悪性骨腫瘍① 骨肉腫 [103I-69]
  原発性悪性骨腫瘍② 軟骨肉腫 [オリジナル]
  原発性悪性骨腫瘍③ Ewing肉腫 [オリジナル]
   
アレルギー性疾患・膠原病・免疫病・感染性疾患 [掲載写真の国試既出番号]  
 〈アレルギー性疾患〉  
  アレルギー性結膜炎 [99F-26]
 〈膠原病と類縁疾患〉  
  全身性エリテマトーデス [97I-36]
  皮膚筋炎,多発筋炎 [100I-33][102I-64]
  乾癬性関節炎 [105A-25]
   
内分泌・代謝疾患 [掲載写真の国試既出番号]  
 〈糖質・脂質・蛋白・アミノ酸代謝異常〉  
  脂質異常症 [97F-22]
   
皮膚・頭頸部疾患 [掲載写真の国試既出番号]  
 〈炎症性皮膚疾患〉  
  硬結性紅斑(Bazin硬結性紅斑) [101G-8]
 〈腫瘍性皮膚疾患〉  
  脂漏性角化症 [オリジナル]
  光線角化症(日光角化症) [102A-34]
    〈参考〉鑑別疾患:有棘細胞癌 [105A-41]
    皮膚腫瘍鑑別のポイント 
  Bowen病 [オリジナル]
  悪性黒色腫 [オリジナル]
  血管肉腫 [103D-47]
  乳房外Paget病 [97I-26]
  皮膚悪性リンパ腫(皮膚T細胞リンパ腫,菌状息肉症) [95D-34]
 〈その他の皮膚疾患〉  
  天疱瘡(尋常性天疱瘡,落葉状天疱瘡) [オリジナル][100F-9][98B-27]
  水疱性類天疱瘡 [オリジナル]
  尋常性乾癬 [オリジナル]
  黒色表皮肥厚症 [99A-8,102A-35]
  疥癬 [97D-8][105D-33]
 〈鼻腔・副鼻腔・喉頭疾患〉  
  喉頭癌 [105I-64][98A-16]
 〈咽頭・口腔・唾液腺疾患〉  
  慢性扁桃炎 [オリジナル]
  上咽頭癌 [98I-46]
全文表示する

関連する
オススメ書籍