カラーイラストで学ぶ 集中講義

生理学

改訂2版

生理学

■編集 岡田 隆夫

定価 6,050円(税込) (本体5,500円+税)
  • B5変型判  368ページ  オールカラー,イラスト500点
  • 2014年9月26日刊行
  • ISBN978-4-7583-0095-7

さらにわかりやすく! さらに充実! 必要な知識が理解できる!!

『モデル・コア・カリキュラム』に準拠,イラストを使ってビジュアルで理解する,というコンセプトから生まれた『集中講義 生理学』が,もっとわかりやすくなって改訂!
難解な文章を排除し,表現を変えて,一読して理解できるようになっている。試験問題での「模範解答」やグラフなどを理解する際におさえるべきところを「ここがポイント」として吹き出しで示すなど,欲しい情報がすぐに目に飛び込んでくるようになっている。
学ぶべき知識がよくわかる学生必携の1冊。


序文

改訂2 版 刊行にあたって

 『改訂2版 カラーイラストで学ぶ 集中講義 生理学』をお届けします。
 2008年10月の初版刊行以来,幸いに読者の皆様の好評を得て増刷を重ねてまいりました。さらに2011年には韓国語に翻訳され,韓国語版も出版されるに到りました。しかし刊行後6年を経過し,新しい知見も積み上げられてきたこと,「医学教育モデル・コア・カリキュラムの平成22年度改訂版」 が平成23年に発表されたことを受け,本書も大幅な改訂を図ることとなりました。
 一つの主題を見開き2ページで解説すること,冒頭に模範解答を示すこと,などの構成は維持しつつ,臨床との関連についての記載をさらに強化しました。執筆陣は原則として変更はありませんが,新しい知見を書き加えて最新の教科書として使っていただけるよう,内容を充実させました。また,各分野の専門家が執筆を担当しておりますが,専門家であるだけにかえって一般の読者には難解となっている可能性を考えて,執筆陣の間で相互にチェックし(ピアレビュー),加筆・修正をお願いしました。医学教育モデル・コア・カリキュラムの改訂への対応については,慎重に検討したところ本書の大幅な構成変更の必要はなく,細胞分裂周期に関する記載を加えるだけで対応可能でした。
 本書は,改訂によってさらに充実した教科書に生まれ変わったと自負しております。引き続き読者の皆様の勉学の助けとなりますことを願っております。内容に関しましては充分に吟味し,過不足なく,正しい記載となるよう心がけましたが,まだわかりにくい,あるいは誤解を与える文章が残っている可能性も考えられます。読者の皆様からの忌憚のないご意見・ご質問をお待ちしております。より良い教科書となりますよう,ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 最後になりましたが,初版に続いてこの第2 版においてもメジカルビュー社編集部の石田奈緒美さんに大変お世話になりました。著者一同を代表して心からの感謝の意を表します。

2014年8月
順天堂大学大学院医学研究科器官・細胞生理学教授
岡田隆夫
------------------------------
第1版 序 文

「集中講義シリーズ 生理学」をここにお届けします。
 本書は平成13年に提示され,平成20年に改訂された医学教育モデル・コア・カリキュラムにほぼ完全に準拠した構成になっています。モデル・コア・カリキュラムのうち,「B 医学一般」と「C 人体各器官の正常構造と機能,病態,診断,治療」の中から生理学がカバーすべき到達目標をピックアップして,一つ一つに解説を加えました。一つの到達目標をカラーの図表を多用しつつ,できるだけ見開きの2ページで解説するように努めました。ただし,項目によっては2ページには収まりきらなかったものもあります。
 執筆は日本生理学会教育委員会の先生方を中心に,第一線で医学教育に携わっている先生方にお願いしました。各専門領域に関する深い知識をお持ちであると同時に,学生の知識レベル・ニードを充分に把握しておられる先生方ですので,必ずや読者を満足させることのできる本に仕上がったものと確信しています。
 モデル・コア・カリキュラムの難点は,「・・・を説明できる。」「・・・を概説できる。」といったように項目は挙げられていますが,どの程度の詳細さ,どの程度の知識の深さが要求されているのかが全く示されていない点です。そこで本書では構成を二重にすることで,この難点を克服することを試みました。各到達目標の解説を始める前,冒頭に300字程度の模範解答を掲げました。ここで最低限の知識レベルを確保しています。しかも重要な,或いは絶対に含めるべき語句は赤字で強調してあります。そして模範解答に続いて,より詳細な(もちろん見開き2ページという制限がありますので限界はありますが),模範解答を補強する事実やメカニズムが解説されています。さらに欄外では「この項目は臨床とどうつながるのか」「臨床でどのように役立てるか」といった臨床との関連をできるだけ記載するよう心がけました。また,「覚えるときのPOINT」,各項目における重要語句を「KEY WORDS」として欄外に示してあります。カラフルな図表と併せて読者の理解をより一層助けることができるのではないかと期待しています。
 最後になりましたが,本書の企画・構成から私を含む執筆陣の尻叩きまで,メジカルビュー社編集部の石田奈緒美さんに大変お世話になりました。著者一同を代表して心から感謝致します。

2008年8月
順天堂大学医学部生理学第二教授
岡田隆夫
全文表示する

目次

細胞の基本構造と機能  松尾 理
 細胞の構造
  細胞はどんな構造で,細胞小器官はどのように機能するか?
  DNAによるRNAを介するタンパク質合成とはなにか?
 細胞膜
  細胞膜はどんな構造で,どのように機能するか?
  細胞内液・外液の分布とイオン組成,浸透圧とは?
  膜のイオンチャネル,ポンプ,トランスポーター(担体),受容体および酵素はどのように機能するか?
  静止膜電位と活動電位の発生とはなにか?
  細胞膜を介する物質の能動・受動輸送とはなにか?
  細胞膜を介する分泌と吸収はどんな過程を経るか?
 細胞骨格と細胞運動
  細胞骨格を構成するタンパク質とはなにか? その機能は?  永井信夫,松尾 理
  アクチンフィラメント系による細胞運動とはなにか?  永井信夫,松尾 理
  細胞内輸送システムとはなにか?  河尾直之,松尾 理
  微小管はどんな役割で,どのように機能するか?  石田知可子,松尾 理
  
組織・各臓器の構成,機能と位置関係   小西真人
  骨格筋はどのように収縮するか?
  心筋と平滑筋はどのように収縮するか?
  
個体の調節機構とホメオスタシス
 情報伝達の機序  小西真人
  情報伝達の種類と機能にはなにがある?
  受容体による情報伝達はどのような機序か?
  細胞内シグナルはどのように伝達されるか?
  生体内におけるカルシウムイオンの役割はなんだろう?  
  神経における活動電位の発生機構と伝導とはなにか?
  シナプスの形態は? シナプス伝達の機能と可塑性は?  
  軸索輸送とはなにか? 軸索はどのように変性し,再生するか?
  刺激に対する感覚受容の種類と機序にはなにがある?
  反射弓とはなにか?
 生体防御の機序
  生体の非特異的防御機構とはなにか?  松尾 理
  特異的防御機構である免疫系はどんな役割を果たすのか?  岡田清孝,松尾 理
  体液性と細胞性免疫はどんな応答を示すか?  岡田清孝,松尾 理
 ホメオスタシス  岡田隆夫
  生体の恒常性維持と適応とはなにか?
  恒常性維持のためにどのような調節機構があるだろう?  
  体温の恒常性維持の重要性は? その調節機序は?
  発熱・解熱と高体温はどのような機序で起こるか?
  体液pHが一定に保たれることの重要性は? 緩衝系とはなんだろう?
  水の出納と体液の恒常性維持はどんなメカニズムだろう?
  生体機能や体内環境はどんなリズム性変化を示すか?
  
血液・造血器・リンパ系  上嶋 繁
  造血幹細胞から各血球への分化と成熟はどんな過程を経るか?
  脾臓,胸腺,リンパ節,扁桃とパイエル板はどのような構造で,どのように機能するか?
  血漿タンパクの種類と機能にはなにがあるか?
  赤血球とヘモグロビンはどのような構造で,どのように機能するか?
  赤血球型にはなにがあるか?
  白血球の種類と機能にはなにがあるか?
  止血はどのような機序で起こるか? 血小板の機能は?
  凝固系・線溶系はどのような機序か?
  出血傾向の原因と病態は?
  貧血の分類と,その成因とは?
  
神経系  川上順子
  中枢神経系と末梢神経系の構造は?
  脳関門とはなにか?
  脳血流とは?
  神経細胞の情報を伝える神経伝達物質とは?
  脊髄の構造と神経の伝導路とは?
  脊髄反射とは?
  脳幹部とは?
  大脳皮質(新皮質)の構造と機能局在とは?
  連合野とはなにか?
  記憶,学習の機序とは?  神山暢夫
  睡眠のパターンは?
  随意運動はどのように起こるか?
  小脳の働きはなにか?
  大脳基底核の働きは?
  自律神経系の経路は?
  自律神経系の機能は?
  視床下部とはなにか?
  本能行動,情動とはなにか?
  
皮膚系  岡田隆夫
  皮脂分泌・発汗・経皮吸収とはなにか?
  体性感覚とはなにか?
  
運動器(筋骨格)系  岡田隆夫
  骨の成長と骨形成・吸収はどのような機序か?  
  運動神経,神経筋接合部,運動単位とは?
  運動時の筋エネルギー代謝・その他の人体機能の変化とは?
  
循環器系  河合康明
  心臓の構造と分布する血管・神経とは?
  心筋細胞の微細構造と,その機能とは? 興奮収縮連関とはなにか?
  心筋細胞の電気現象と心臓の興奮伝導系とは?
  心筋・心臓の収縮性とは?
  心電図のポイントは?
  主な不整脈とは? その成因はなにか?
  体循環,肺循環と胎児循環とは?
  心周期に伴う血行動態とはなにか?
  心機能曲線と心拍出量の調節機序とは?
  血圧の成り立ち,脈波,脈圧とは?
  血圧調節はどのような機序か?
  心臓の圧―容積関係は?
  毛細血管における物質・水分交換とはなにか?
  血管内皮細胞の機能とは?
  心臓の循環とは?
  門脈,皮膚循環とは?
  血流の局所調節はどのような機序か?
  運動時の循環反応とはなにか? その機序とは?
  胸管を経由するリンパの流れとは?
  チアノーゼ,浮腫の成因とはなにか?
  うっ血性心不全時の循環動態と症状の成因とは?
  ショックの機序と症候とは?
  二次性高血圧の分類と発症機序にはなにがあるか?
  
呼吸器系  檀原 高
  肺,胸郭はどんな構造だろう?
  呼吸筋と呼吸運動はどのような関係にあるか?
  肺気量と肺・胸郭系の圧・容量曲線とは?
  肺胞におけるガス交換と血流の関係は?
  肺の換気・血流比が血液ガスにおよぼす影響は?
  呼吸中枢を介する呼吸調節の機序とは?
  血液による酸素と二酸化炭素の運搬はどんな仕組みか?  岡田隆夫
  気道と肺胞の防御機構と代謝機能とは?
  肺循環の特徴とは?
  呼吸困難の分類と成因とは?
  
消化器系  渡邉マキノ
  各消化器の位置と,その基本構造は?
  消化管運動はどのような仕組みか?
  主な消化管ホルモンの作用とは?
  口腔内消化,嚥下と食道による食塊輸送とは?
  消化器に対する自律神経はどのように作用するか?
  胃における消化,胃液の作用と分泌機序は?
  膵外分泌系の構造と膵液の作用とは?
  胆汁の作用とはなにか? 胆囊収縮の調節機序とは?
  小腸における消化・吸収とはなにか?
  大腸における糞便形成と排便の仕組みとは?
  肝臓の構造とその機能とは?
  便秘・下痢の発生機序とは?  
  黄疸の発生機序とは?
  
腎・尿路系  渡邉マキノ
  腎・尿路系の位置とその形態は?
  腎機能の全体像とは? ネフロン各部の構造と機能とは?
  腎糸球体における濾過はどのような機序か?
  尿細管各部における再吸収・分泌機構と尿濃縮の機序とは?
  腎による水・電解質・酸塩基平衡の調節機構とは?
  クリアランス,糸球体濾過量,腎血漿流量とはなにか?
  腎に作用するホルモン・血管作働物質とは? 腎から放出されるホルモン等の作用とは?
  蓄排尿はどんな機序か?
  脱水の原因,症候,対処法とは?
  高・低カリウム血症とはなにか?
  高・低ナトリウム血症とはなにか?
  高・低カルシウム血症とはなにか?
  アシドーシス・アルカローシスの定義,病態生理と診断とは?
  
生殖機能  下川哲昭
  男性生殖器系の構成とその機能は?
  女性生殖器の形態とその機能は? 性周期発現と排卵はどのような機序か?
  受精と着床とは? 胎盤の機能と妊娠・分娩とは?
  性の決定と分化,その異常とは?
  骨の生理学―成長・老化に伴う身体変化とは?
  
乳房  鯉淵典之
  成長発達に伴って乳房はどう変化するか? 乳房の発達や乳汁分泌に関するホルモンの作用とは?
  
内分泌・栄養・代謝系  鯉淵典之
  内分泌の特徴とホルモンの作用とはなにか?
  ホルモンの構造分類とは? その作用機序は?
  ホルモンの分泌はどんな調節機構か?  294
  各内分泌器官の位置とそこから分泌されるホルモンとは?
  視床下部ホルモン・下垂体ホルモンの名称は? その作用と相互関係は?
  身体の成長はホルモンによりどのように調節されているのか?  
  甲状腺から分泌されるホルモンの作用と分泌調節機構とは?
  副腎はどんな構造か? 分泌されるホルモンの作用,分泌調節機構とは?
  膵島から分泌されるホルモンはどう作用するか?
  男性ホルモン・女性ホルモンの合成・代謝経路とその作用は?
  増殖因子をはじめとする各種サイトカインはどう作用するか?  鈴江一友,鯉淵典之
  ホルモンによるカルシウムの調節機序とは?
  血糖値の調節機序と関与するホルモンは? 高血糖により生ずる病態は?
  肥満とやせ(るいそう)はどのような機序か?
  
眼・視覚系  神山暢夫
  眼球はどんな構造で,どのように機能するか?
  視覚情報の受容の仕組みと伝導路は?
  眼球付属器と眼球運動はどんな仕組みか? 対光反射,輻輳反射,角膜反射とはなにか?
  
耳鼻・咽喉・口腔系  川上順子
  音はどのようにして聴覚として認識されるか?
  平衡感覚はどのように認知されるか?
  味覚とは?
  嗅覚とは?
  疼痛の適刺激はなにか?
全文表示する

関連する
お勧め書籍