今さら聞けない心エコー図100

今さら聞けない心エコー図100

■編集 村田 和也

定価 5,280円(税込) (本体4,800円+税)
  • A5判  262ページ  2色+カラー
  • 2011年3月11日刊行
  • ISBN978-4-7583-0210-4

疑問・不安を抱きながら日々心エコー図検査に携わっているスタッフに最適の一冊!

心エコー図検査は,日常臨床でルーチンに行われている検査であり,循環器領域の診断に欠かせない検査である。患者のさまざまな情報を提供してくれる重要な検査であり,今後もその重要性に変わりはない。しかし,検査中に疑問等が生じた際に,心エコー専門医,あるいは指導医にアドバイスを受ける機会に恵まれている先生方はそう多くはない。少なからず,何かの疑問・不安を抱きながらも日々の検査に携わっている。
本書では,常日頃疑問に思われていることを本領域のエキスパートの先生方に,成書にはない検査法の“ちょっとしたコツ”や機器の知識,診断のための豆知識をちりばめていただいている。実際には,まさに “いまさら(恥ずかしくて面と向かっては)聞けない”初歩的な質問や,逆に聞かれても答えに窮するような質問に対しても,執筆者の先生方が親身になって答えてくれている。読者にとって“痒いところに手が届く“ような答えが数多く見つかることと思われる。


序文

 現在,数多くの病院で臨床検査技師,若手医師が心エコー検査に実際に携わっておられます。また,そのなかでも検査中に疑問が生じたときにすぐに心エコーに詳しい専門医,あるいは指導医にアドバイスを受ける機会に恵まれている先生方はそう多くはないと思います。少なからず,何かの疑問・不安を抱きながらも,日々検査に携わっておられることと思います。この度,「いまさら聞けない心エコー図100」というタイトルのテキストを編集することになり,まず若手の医師,検査技師の方々が常日頃から疑問に思っていることを書き出してもらいました(遠慮なく無記名で)。すると,心エコー検査に10年以上携わっているベテランの先生方には想像もつかないような質問や日頃は気にかけずに使っている内容なども多い一方で,どう答えたらいいものか悩む質問まで数多くピックアップすることができました。
 本書は心エコー検査のビギナーを対象として,この道ではエキスパートの先生方に,成書には書かれていないような検査法の“ちょっとしたこつ”や機器の知識,診断のための豆知識をちりばめていただきました。実際には,まさに “いまさら(恥ずかしくて面と向かっては)聞けない”初歩的な質問や,逆に聞かれても答えに窮するような質問に対しても,執筆者の先生方が親身になって答えてくれています。執筆者の先生方にはお忙しいなか無理なお願いをし,詳細な解説よりも極力少ない文字数でわかりやすい記述をお願いしています。執筆された先生方には,この場を借りて深く御礼を申し上げます。時間のない読者の方々にとって,“痒いところに手が届く“ような答えが数多く見つかることと思います。心エコー検査ビギナーの先生方にも本書が疑問解決の糸口となり,さらに心エコー検査に興味をもつきっかけになれば幸いです。

2011年1月
山口大学医学部附属病院検査部講師
村田和也
全文表示する

目次

I 今さら聞けない心エコーの手順と撮り方のこつ  
 1.検査室に入室してから検査までにすることはなんですか (戸出浩之)
 2.心電図,心音図は必要ですか? (戸出浩之)
 3.Bモード(長軸,短軸,心尖部アプローチ)をきれいに撮るこつを教えてください (戸出浩之)
 4.傍胸骨アプローチ,心窩部アプローチ以外のアプローチにはどのようなものがありますか。どんなとき,なにをみるのに有効ですか? (堀口園子,大門雅夫)
 5.右側臥位,半座位はどんなときに使いますか? (高橋秀一)
 6.寝たきりで体位変換が困難な患者さんできれいな画像を出すにはどうすればよいか教えてください (湯田 聡)
 7.PEGがある患者,開腹術後患者でのIVCの評価は? (湯田 聡)
 8.壁運動はどうしたらうまく評価できますか? (大西俊成)
 9.パルスドプラ法と連続波ドプラ法の使い分けは? (高橋秀一)
 10.左室流入血流速波形を撮るこつは? (堀口園子,大門雅夫)
 11.肺静脈血流速波形をきれいに撮るこつと読み方を教えてください (横山しのぶ,山田 聡)
 12.肺動脈弁をきれいに描出する方法を教えてください (堀口園子,大門雅夫)
 13.心尖部血栓はどのようにすればわかりますか? (泉 知里)
 14.経食道心エコーの前にはどのような準備が必要ですか? (芦原京美)
 15.呼吸困難を訴える患者さんではなにを評価すればいいですか? (湯田 聡)
 16.ショック患者ではなにを診ればいいですか? (那須雅孝)
 17.外傷患者ではなにを診ればいいですか? (那須雅孝)
 18.原因不明の発熱患者ではなにを診ればいいですか? (芦原京美)

II 今さら聞けない機器の知識  
 19.ドプラフィルタの設定がわかりません。どのように使えばいいのですか? (澤 政樹)
 20.ダイナミックレンジはどのようなときに調整が必要ですか? (澤 政樹)
 21.探触子の周波数の違いによる使い分けを教えてください (澤 政樹)
 22.ハーモニックイメージとはどのようなものですか,どう使えばよいですか? (澤 政樹)
 23.探触子の素子数はなにに関係するの? (伊藤安啓)
 24.SN比ってなんですか? (伊藤安啓)
 25.組織ドプラ法はどんなときに使うのですか? (山田 聡)
 26.パワードプラ法でなにがわかるのですか? (伊藤安啓)
 27.経食道心エコーの探触子のメンテナンスを教えてください (堀口園子,大門雅夫)
 28.超音波診断装置の日常メンテナンス法を教えてください (戸出浩之)

III 今さら聞けない計測法  
 29.Teichholz法が適応できないのはどのようなときですか? (岩瀬正嗣)
 30.Mモード心エコー図法はまだ必要ですか? (岩瀬正嗣)
 31.心室中隔を計測するポイントは?右室との境は? (湯田 聡)
 32.左室壁厚はどこで測ればいいですか?(正常例,S字中隔例,HCM例など) (大西俊成)
 33.Simpson法で正しくトレースするこつを教えてください (湯浅敏典)
 34.Asynchronous motionを呈しているとき,LVEFを評価する適切な方法は? (土肥 薫)
 35.大動脈の外科的弁輪径はどの時相で,どこを測定すればいいですか? (赤石 誠)
 36.右室径はどこを測定すればよいですか? (田中秀和,川合宏哉)
 37.三尖弁弁輪径はどの断面,どの時相で測ればいいですか? (赤石 誠)
 38.僧帽弁狭窄症,大動脈弁逆流評価にPHTは常に使えますか (岩瀬正嗣)
 39.Propagation velocityでなにがわかりますか (瀬尾由広)
 40.Tenting height,tetheringとはなんですか?計測方法を教えてください (竹内正明)
 41.先天性心疾患のQp/Qsの計測法を教えてください (安河内聰)
 42.E'はどこで計測すればいいですか? (井上勝次,岡山英樹)
 43.心房細動の患者さんではどのように計測すればいいですか?(EF,左室径,拡張能,弁膜症評価) (楠瀬賢也,山田博胤)
 44.心室期外収縮が多発しているときにはなにを診ればいいですか? (湯田 聡)

IV 今さら聞けない心エコー所見の読み方・書き方  
 45.知っておくと便利なMモード所見はなんですか? (有吉 亨,村田和也)
 46.僧帽弁Mモード波形からなにを評価すればいいですか? (有吉 亨,村田和也)
 47.B-B' stepはどのようなときに見られるのですか? (有吉 亨,村田和也)
 48.前負荷,後負荷はなにを診て評価すればいいですか? (高野真澄)
 49.下大静脈径から右房圧を推定する方法を教えてください (増田佳純,浅沼俊彦)
 50.逆流の評価は,mild,moderate,severeの3段階評価とI,II,III,IVの4段階評価のどちらを使用したらいいですか ? (大倉宏之)
 51.肝静脈血流速波形からなにがわかりますか? (田中秀和,川合宏哉)
 52.心エコーでviabilityは評価できますか? (大西俊成)
 53.Pre-capillary PH,post-capillary PHの診断はどうすればいいですか? (楠瀬賢也,山田博胤)
 54.心嚢液貯留がどのくらいで心タンポナーデと診断すればいいですか? (楠瀬賢也,山田博胤)
 55.正常亜型(その所見があっても異常とはいえないもの)にはどういうものがありますか (山田博胤)
 56.ソノグラファーは報告書にどこまで書くべきですか。患者さんにはどこまで説明すればいいですか? (高橋秀一)

V 今さら聞けない依頼目的,疾患別評価法  
 57.心筋梗塞で診るポイントを教えてください (西野久雄,山田 聡)
 58.肺動脈血栓症で診るポイントを教えてください (有吉 亨,村田和也)
 59.大動脈解離を診るポイントを教えてください (那須雅孝)
 60.心筋炎を疑う心エコー図所見にはどのようなものがありますか? (那須雅孝)
 61.大動脈弁狭窄症の評価には弁口面積の算出が必要ですか? (岩永史郎)
 62.僧帽弁逆流の定量評価にはなにが有用ですか? (大倉宏之)
 63.僧帽弁逸脱の定義を教えてください (竹内正明)
 64.僧帽弁逸脱の部位をうまく同定するこつを教えてください (竹内正明)
 65.三尖弁狭窄の重症度はどのように評価すればいいですか?PHTは使えますか? (岩瀬正嗣)
 66.人工弁患者ではなにを評価すればいいですか? (岩永史郎)
 67.心臓手術後の心エコー図検査ではなにを診たらいいですか? (岩永史郎)
 68.非心臓術前のスクリーニングはなにを評価したらいいですか? (泉 知里)
 69.術前検査で左室流出路の評価はなぜ必要ですか? (高野真澄)
 70.透析患者でのスクリーニング,dry weightの決め方は? (高野真澄)
 71.左室緻密化障害はどのように診断すればいいですか? (泉 知里)
 72.動脈硬化の診断に頸動脈エコーのほか心エコー図検査も役立ちますか? (山田博胤)

VI 今さら聞けないよく耳にする言葉の意味  
 73.Eye ball EFってなんですか? Simpson法とどちらが正しいですか? (赤石 誠)
 74.左室拡張末期圧(LVEDP),左室充満圧(LV filling pressure)ってなんですか? (瀬尾由広)
 75.心室中隔の奇異性運動ってなんですか?  (堀口園子,大門雅夫)
 76.左室拡張能,拡張不全ってなんですか? (浅沼俊彦)
 77.術後中隔はどのような状態ですか? (湯浅敏典)
 78.径を測るときのleading edgeとはなんですか? (有吉 亨,村田和也)
 79.EPSSとはなんですか? (高橋秀一)
 80.SAMってなんですか?  (高橋秀一)
 81.sigmoid septumってなんですか? (大西俊成)
 82.連続の式ってなんですか? (湯浅敏典)
 83.ストレイン・ストレインレートってなんですか? (井上勝次,岡山英樹)
 84.torsionってなんですか? (井上勝次,岡山英樹)
 85.no reflow現象とはなんですか? (浅沼俊彦)
 86.dyssynchronyはどのような状態ですか?asynchronyとは違うのですか? (土肥 薫)
 87.Valsalva法ってなんですか? (浅沼俊彦)
 88.Diastolic MRってなんですか? (有吉 亨,村田和也)
 89.pressure recovery (圧力回復)現象とはなんですか? (岩永史郎)
 90.静脈弁遺残はどういうものですか? (安河内聰)
 91.左上大静脈遺残(PLSVC)はどのように診断すればよいですか? (安河内聰)
 92.卵円孔開存(PFO)と心房中隔欠損(ASD)はどう違うのですか? (安河内聰)

VII 今さら聞けない特別な検査法,その他  
 93.経食道心エコー図検査(TEE)はどのような場合に行うのですか? (山田博胤)
 94.携帯型心エコー装置はどのような症例に有効ですか?またその限界は? (田中秀和,川合宏哉)
 95.ストレス心エコー法はどんな種類があり,どう使い分ければいいですか? (平野 豊)
 96.ドブタミン負荷を行う前に必要な準備はなんですか? (平野 豊)
 97.運動負荷心エコー法はどう行えばよいですか? (平野 豊)
 98.ペースメーカ患者のAV delay設定に心エコー図検査をどう活用すればいいですか? (瀬尾由広)
 99.コントラストエコーが必要な場合はどんなときですか? (浅沼俊彦)
 100.初心者(医師・技師)教育のよい方法を教えてください (泉 知里)

索引  
全文表示する

関連する
オススメ書籍