外科医が修得すべき

乳がん手術

乳がん手術

■編集 大野 真司

定価 11,000円(税込) (本体10,000円+税)
  • A4判  168ページ  オールカラー,イラスト200点,写真100点
  • 2011年8月31日刊行
  • ISBN978-4-7583-0459-7

外科医が修得すべき乳がん手術の基本から応用までを解説した1冊

乳腺外科医のバイブルとなる「基本的手技(解剖アトラス・アプローチを含む)」を押さえることができる手術書。標準手術ができる基本手技とその標準手術を取り上げた。手術にあたる前に,また手術後に読んで勉強できる1冊。カラーイラストと写真で,手術をイメージできる。
また,先達からのアドバイスのコラムも充実。


序文

巻頭言
「技と術」

 William Stewart Halsted先生(1852−1922)による乳癌術式の確立から100年を超える間に,標準術式は大きな変貌を遂げてきました。拡大乳房切除術から胸筋合併乳房切除術,胸筋温存乳房切除術,乳房温存術そしてセンチネルリンパ節生検による腋窩郭清省略へと,10年単位で切除する臓器が減り,胸骨傍リンパ節,大小胸筋,乳房,そして腋窩リンパ節を切除しない手術となってきました。しかし,この手術の縮小化とは,外科医にとってはより広い領域の手術の考え方や,細やかな手技を身につけなければならないことを意味しているのではないでしょうか。ほとんどの症例に画一的に乳房切除と腋窩郭清を行っていた時代は去り,1例毎に適応を考慮して術式を選択し,すべての術式の手術手技に精通しておく必要が出てきました。
 21世紀の医療のキーワードである「チーム医療」をより質が高いものへと向上させるためには,チームを構成するメンバーひとりひとりの高い技量が求められています。乳癌治療の中心を担う外科的治療を受ける患者が外科医に望むものは,手術の適応などevidence based medicineの力,informed consentなどコミュニケーションの力,そして手術の技量でしょう。この手術の技量を高め,手技を身につけることは,外科医の日々の研鑽によってこそ達成されるものといえます。技と術(すべ・じゅつ)とは人の能力・機能・動きを表す概念をいいます。技は特定の目的を持ち,その目的を果たすための手段・手法で,これを体系的にまとめたものが術です。したがって,乳癌の手技・手術を身につけるとは,最良の外科的治療成果を達成するため,技と術を学び体得することになります。Halsted先生と同時期にJohns Hopkins大学で活躍し,医学教育の基礎を築いたWilliam Osler先生(1849−1919)は“If it were not for the great variability among individuals, medicine might have well been a science and not an art.”という言葉を残されていますが,手術こそひとりひとりの患者に向き合うArtであるといえるのではないでしょうか。
 手術・手技を取得するためには解剖を学び,先輩の手術を見学することとともに,手術書を繰り返し読むことが基本となります。本書は,乳腺外科医にとって知っておかなければならない乳癌の標準的な手術書を目指したものです。最近の手術術式の変化に対応すべく,第一線で活躍する専門家に執筆を担当していただき,イラストを多用して解説は簡潔な表現としました。Isaac Newton(1642−1727)は,先人への感謝と敬虔な心を表して“If I have seen a little further, it is by standing upon the shoulders of giants.”と述べています。この言葉を添えて,本書が明日の外科学を拓く若き乳腺外科医のお役に立てることを願っております。

2011年8月
大野 真司
全文表示する

目次

乳がんの広がり診断と術前マーキングについて 角田博子
センチネルリンパ節生検(色素法,RI法) 岩田広治
センチネルリンパ節生検(ICG蛍光法) 上野貴之
腋窩リンパ節郭清(axillary lymph node dissection) 佐藤信昭
乳房扇状部分切除術 武井寛幸
乳房部分切除術(円状部分切除術) 高橋かおる
乳房温存術における変形防止のコツ 木村聖美,岩瀬拓士
乳房温存術断端検索法と追加手術 増田慎三
胸筋温存乳房全摘術 村上 茂
術前化学療法後の乳房温存術 中村清吾
乳がんに対する内視鏡手術 福間英祐
進行乳がんの手術 大佐古智文,奥村恭博,西村令喜
Nipple-sparing mastectomy(NSM) 上尾裕昭,渋田健二,早川宏司
人工物による乳房再建 岩平佳子
外科医が身につけておくべき形成外科的手技 矢永博子
 
Column 
 乳腺外科医としての心構え 光山昌珠
 Halsted手術の本質 佐藤 裕
 ギリシャ神話が語源の乳がんに関する言葉 木村專太郎
全文表示する

関連する
オススメ書籍