Vol.4 No.1,2006

再燃前立腺癌に対する治療戦略

Urology View Vol.4 No.1,2006
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)
  • A4変型判  120ページ  
  • 2006年1月25日刊行

目次

Urology View Vol.4 No.1, 2006

企画・構成:並木幹夫

■Clinical Science
 ホルモン依存性癌の増殖機序  佐藤文三
 アンドロゲン受容体を中心に考えた前立腺癌再燃の機序  溝上 敦  
■Practice
 アンチアンドロゲン交替療法の理論と実際  鈴木啓悦  
 グルココルチコイドがなぜ効く  西村和郎  
 タキサン系抗癌剤とエストラサイトの効果  菊野伸之ほか  
 骨転移に対するビスフォスフォネート  越田 潔  
 アンジオテンシンII受容体ブロッカーの理論と効果  上村博司  
 海外での新治療の動向  宇佐美道之  
■Future Prospect
 androgen-hypersensitive再燃前立腺癌に対するcomplete androgen blockade
  (CpAB) 療法  小中弘之ほか  
 遺伝子治療の現状と展望  白川利朗ほか  
 分子標的治療:何をターゲットにすべきか  木下義久ほか  
 ワクチン療法の理論と実際  植村天受  
■Case Study
 当院での前立腺癌に対する治療方針  
 症例提示:並木幹夫,回答者:鈴木啓悦,西村和郎,溝上 敦

●連載 泌尿器科薬物療法最前線(第1回)
 男性不妊症に対する薬物療法最前線  岡田 弘  
●Urololgy View Special Report 第93回日本泌尿器科学会 総合企画
 腎癌の診断・治療  座長:平尾 佳彦,演者:篠原信雄,冨田善彦,中澤速和
全文表示する

関連する
お勧め書籍